Read more

駐車場の質で売上げは変わる!~お客さんに喜ばれる駐車場の7つのチェックポイント~

今日は、「駐車場」についてのお話です。 市街地、郊外の別なく、「車で来るお客さんをターゲットにする」なら、駐車場は絶対に欠かせません。 ロードサイド立地なのに駐車場が無い、なんてことになれば、繁盛はほぼ絶望的です。 それは、ほとんどの方にとって当たり前だと思います。  とはいえ、駐車場は、「あればいい」というものでもありません。  「無いと話にならない」というだけであって、結局は、「どんな駐車場な...

Read more

青になるまで●●秒以上かかる信号の向こう側は、「商圏」として期待しないように!

人が集まる交差点は、基本的には、「TG」としてプラスの効果をもたらします。 そうした交差点に隣接または近接していることで、売上げが高くなる、ということです。 では、どんな交差点でも、その角地にあれば、売上げが高まるかというと・・・・ 実は、そういうわけではありません。  売上げに対して目に見えて強いプラスの効果が出る交差点とは、まず、「信号」がある交差点です。  そうでないただの交差点角地は、「間口が...

Read more

誰もが「悪い」と言う立地でいかに勝負できるのか

以前の記事でも書きましたが、「立地が良い」だけでは、その物件は「繁盛立地」にはなりえません。 なぜなら、誰もが「立地が良い」と思える物件は、オーナーがそれ相応の高い家賃設定をしてるからですね。   とはいえ、「家賃が安ければ良い」わけではないのも、当たり前ですよね。 家賃が安い物件というのは、誰が見ても「悪い」立地ということです。 とりわけ個人の開業希望者さんは、初期投資を抑えるため、家賃の安さだ...

Read more

こういう場所こそ最悪の「貧乏立地」!~気付きにくい「すっぽぬけ」の恐怖~

今日お話しするのは、「すっぽぬけ」という現象についてです。 その名のとおり、商圏内のある地域が、「すっぽり抜け落ちてしまった」り、本来なら店の前を通るはず人達が、「すっぽり抜けて、来なくなってしまう現象」のことを、そう呼びます。  前者の、商圏内のある地域だけが抜け落ちる、というような場合だと、同業店の存在が大きく関係してきます。  仮に、自店舗の商圏が広がっている中に、同業店が含まれているとしま...

Read more

10人中8人が「良い」と言う立地はあえて避けるべき理由

立地調査をせず、取り急ぎ「なんとなく」で立地の良否を知るための方法として、 「坪当たり家賃単価(以下、坪単価)」 を見るというお話があります。  この坪単価が高ければ高いほど「良い立地」であり、逆に、低ければ低いほど、「悪い立地」ということです。  このことは、一般的に言えば確かにその通りです。 確かに、数多くの物件を見ていくと、「立地の良否」と「坪単価の高低」に、相関関係は認められます。    ...