幼稚園のある地域の飲食店は繁盛しやすい!?

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


よく、
 
「繁盛する商圏を見つけるには、
どんなところに着目したらいいですか?」

 
と聞かれることがあります。
 
 
その、一番スタンダードな答えは当然、
 
「流入性向が強いところです」
 
というものですが・・・・
 
 
それを言ってしまうと、
 
「結局は大商圏に限られるんですね」
 
とがっかりさせてしまうので・・・・
 
 
 
もう少し、角度を変えた話をしますね。
 
 
 
 
例えば、この以前の記事に書きましたように、
流入の少ない商圏であっても、ポイントを押さえることで、
お店を繁盛させることは可能
です。
 
大きな流入のない特殊な商圏への出店ポイントはココ!
 
 
 
ここでは、小さな商圏での目の付けどころとして、
「ホテル」を挙げていますが・・・・
 
 
他にも、
 
「商圏内にこういう施設があるか見るといいですよ」
 
というポイントはいくつかあります。
 
 
そのうちのひとつが、タイトルにもあるように、
 
『幼稚園』
 
なのです。
 
 
幼稚園
 
 
 
もちろん、
幼稚園児が直接お客さんになる、
という意味ではありません。

 
 
ここで目を付けるべきは、
その園児たちの「保護者」たちです。
 
 
とりわけ女性、つまりは母親ですね。
 
 
 
お子さんがいらっしゃる方々はイメージしやすいかもしれませんが、
幼稚園に通う子どもがいる家庭においては、
その子どもを送り迎えするという日常行動が発生します。
 
そして、送っていってから、迎えに行くまでの数時間、
空白の時間帯が生まれるのです。
 
その時間において、「母親」たちは、
互いの情報交換の場を必要とします。
 
いわゆる、「ママ友付き合い」というものです。
 
 
2人から、多くて10数人が集まれる場所が、
そうした地域では必要とされます。
 
したがって、
「母親」たちが集まりやすい場所に、
カフェなど、空間がある程度広く取れる飲食店があると、
そこが、彼女たちの「溜まり場」となる
のです。
 
彼女たちは、一般のお客さんに比べれば、
ずっとリピート率は高い
でしょう。
 
 
 
こうした理由で、
住宅街など商業流入がまったく無いエリアで、
異様に席が埋まっているお店があります。
 
平日の昼間に客層を見てみると、
なるほどやはり、
見るからに主婦という方々が大半です。

そうした人たちは、高確率で「ママ友」か、
それに近い関係性でしょう。
 
 
 
500m圏の小売販売額が200億円未満のマーケットにおいて、
「幼稚園」の存在は、馬鹿にできません。

 
母親たちは、お客さんとして、
客単価や回転率の面ではそれほど良質ではないかもしれませんが、
一方で、
きわめて高いリピート率をあげてくれるのですから。
 
 
 
 
流入の無い商圏に飲食店を出店する場合は、
幼稚園があるかないか、ということを、
意識してみてください。
 
 
そして、
 
「母親たちの情報交換の場」
 
として、優れた空間作りができれば、
そのお店は繁盛する可能性が高いでしょう。
 
 
 
 
このように、小さな商圏では、
大きな商圏よりも殊更に、
 
「どんな人が周辺に住んでいて」
「どんなニーズがあるのか」

 
を、細かく見ていくことが、
繁盛の鍵になります。
 
「ホテル」や「幼稚園」の他にも、
その商圏で何がポイントになるのか、
じっくり観察してみてください。
 
 

□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する