口コミ客を逃がさない!!押さえておきたい5つのランドマーク

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


来店客には、その来店動機によって、
大きく分けて3つの種類があります。

  
・・・・ということは、今までにも何度か、
お話させていただきましたね。
 
 
ひとつは、たまたま通りすがりで来店する「衝動来店」
ファストフードなど飲食店や商店街のアパレル店に多い
 
次に、口コミ客やリピーターのように、
わざわざそのお店を目指して来店する「目的来店」
単価の高い飲食店や、サービス業店に多い
 
そして、何かのついでに来店する「効率来店」です。
クリーニング店やレンタルショップなどに多い
 
これらについて詳しくは、
別記事にまとめておりますので、
そちらをお読みください。
 
お客さんは「なぜ」あなたのお店を選んでくれるのか、その「動機」と向き合いましょう
 
 
 
 
それら3つの来店動機のうち、 
「目的来店」は、お店をわざわざ目指して来ますので、
基本的には、人々は最初からその場所を分かっていることになります。
 
そうなると、
 
初めて来店するお客さんにとっては分かりやすい場所であること、
リピーターにとっては覚えやすい場所であること、

 
というのが、きわめて重要になります。
 
 
こうした、分かりやすい・覚えやすい立地の条件として、
非常に重要なのが、近くに「ランドマーク」があるということです。
 
 
「ランドマーク」とは地理上の目印のことです。
 
 
例えば、
 
「○○駅南口の××スーパーの隣」
 
などのように、人に場所を説明する際、
目印となるものと考えてください。
 
「ランドマーク」が近くにあれば、
物件の場所を簡単に説明しやすく、
記憶にも残りやすくなります。
 
 
 
 
今回は、そんな口コミ客やリピーター客を逃さないために、
しっかりと押さえておくべき「ランドマーク」について、
その代表的なものを5つ、紹介したいと思います。
 
 
 
 
1.理想的なランドマークである駅口 
 
理想的なランドマーク1駅
 
目印というからには、ランドマーク自体は、
 
誰もが知っているもの、
実際にその周辺に行けばすぐに見つけられるもの、

 
でなくてはなりません。
 
その点、駅口は誰もが容易に見つけられ、
「○○駅の△△側出入り口前」などのように、
一言で説明できるものです。
 
さらには、駅自体が人々の集まってくるTGも兼ねています。
 
したがって、最も理想的なランドマークと言えます。
 
なお、その他、駅以外にも、
公共施設(図書館や市民会館など)もランドマークになります。
 
 
 
 
2.有名な通りや街道、交差点
 
大きな交差点
 
「○○通り」や「××街道」といった、
名の知れた道路やその交差点はランドマークになります。
 
例えば「竹下通り」「道玄坂」などは、
首都圏の誰もが知っているその典型です。
 
ロードサイドについも、国道やバイパスなどの幹線道路、
その交差点(有名な大規模交差点)などがランドマークです。
 
また、交差点以外にも、橋や陸橋などの交通施設も、
分かりやすい目印になるでしょう。
 
 
 
 
3.周辺地域から一目でわかる建物など
 
大きな分かりやすい建物
 
周辺地域のどこからでも一目でわかる建物は、
口コミ客がお店の場所を探す時、有効な手がかりになります。
 
また、特殊な形状であれば特に記憶にも残りやすいので、
リピーターにとっても都合がよいでしょう。
 
物件の正確な位置を覚えていなくても、
まずは、こうした建築物を目指せばよいわけです。
 
極端な例ですが、
「東京タワーのふもとにあるお店です」
と一言で言えれば、日本中の人が、
そのお店を目指して来ることが可能になるでしょう。
 
 
 
 
4.有名チェーン店
 
チェーン店は記憶に残りやすい
 
誰もが知っているナショナルチェーン店もランドマークになります。
 
看板のデザインや店舗名(屋号)が統一されており、
24時間営業しているチェーンも多く、
人々の記憶に焼きついているからです。
 
また、そうしたチェーン店の中には、
自然に目に付く位置に看板を掲示しているお店が、
数多く存在します。
 
コンビニや有名ファストフード店の看板など、
個人店のそれに比べるとずっと、
見つけやすいものが多い
ですよね。
 
こうしたことから、チェーン店の存在は、
口コミ客にとってもリピーターにとっても、
適当な目印の役割を果たしてくれます。
 
「マクドナルドの隣」が、必ずしも良い立地とは限りませんが、
こうしたランドマークとしての側面のみを見れば、
「マクドナルドの隣」と言えることはプラス要因と言えます。
 
 
 
 
5.人々の待ち合わせ場所はランドマークそのもの
 
人々の待ち合わせ場所
 
人々が待ち合わせる場所というのは、
不特定多数の人々が知っている目印があって、
誰でも容易にたどり着ける場所です。
 
例えば、大都市圏では、
「アルタ前(新宿)」
「ハチ公前(渋谷)」

などがきわめて有名ですが、大都市でなくても、
一般にそのような待ち合わせ場所は存在します。
 
難点としては・・・・
そういった場所は、その地域の「一等地」であることが多く、
それらをランドマークにできる位置に、物件が出にくい
ことです。
(ですので、最後に持ってきました)
 
 
ただ、この考え方自体はきわめて大切です。
 
全国的に有名な待ち合わせ場所でなくても・・・・
その地域の住民にとっては、誰もが知っている場所
というようなものも存在するからです。
 
ローカルな待ち合わせスポットというのは、
どこの街にも存在しますよね。
 
地元の人々をターゲットにするようなお店ならば、
そうしたランドマークを押さえられるか、
それが重要になってきます。
 
 
 
 
以上、ランドマークとしてチェックするべき、
5つのポイントでした。
 
勿論、口コミ客やリピーターをしっかり集客するのに、
ランドマークが必要不可欠というわけではありません。
 
しかし、お店の位置の「分かりやすさ」が、
とても重要な要因になることは間違いありません。

そしてランドマークの有無が、
「分かりやすさ」を大きく左右するのです。
 
 
 
詳しくは、こちらの別記事をどうぞ。
 
お店の場所を3つのキーワードで説明できる「分かりやすさ」が最大のカギ!!~「わざわざ来店」のお客さんの掴み方~

 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する