分布図で比較して見る3大統計指標

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


前回の記事では、
物件やお店の商圏データを見る時は、まず、
 
「人口」
「昼間人口」
「購買人口」

 
の3つをチェックしましょう、
という話を書きました。
 
数字の上で、まずこれらを比較し、
流入の傾向を見るのが大切ですよ、と。
 
 
今日はもう少し視覚的に分かりやすいよう、
「分布図」を見て、比較していきたいと思います。
 
 
これら3つの統計指標は、それぞれ、
地図上に分布図(多い少ないを色で表した図)として表示すると、
その違いがとても分かりやすく出ます。
 
 
例えば、東京の「新宿駅」周辺で表示すると、
このような感じです。
 
1枚目:人口分布
新宿1人口分布図
 
2枚目:昼間人口分布
新宿2昼間人口分布図
 
3枚目:小売販売額(購買人口)分布
新宿3購買人口分布図
 
(赤円は半径2kmの円)
 
 
 
それぞれの分布が全然違うのが、
よく分かりますね。
 
新宿駅周辺は、ご存知の通り、
きわめて商業流入の大きいエリアです。
それが、このように視覚的に分かります。
 
また、とりわけ西口側には、就業者も
きわめて多く密集している
ことが、
昼間人口分布図(2枚目)から分かりますね。
 
一方で、人口(住民)は、駅の周りには、
ほとんどいない
ことも一目瞭然です。
 
 
このようにして、視覚的に、
どの辺りにどんな人がいるのか分かれば、
自社業態のターゲットと照らし合わせて、
どこへ出店していくべきなのかが分かります。
 
 
 
新宿は、やや極端な事例かもしれませんので、
続いて、「品川」も見てみましょう。
 
 
1枚目:人口分布
品川1人口分布図
 
2枚目:昼間人口分布
品川2昼間人口分布図
 
3枚目:小売販売額(購買人口)分布
品川3購買人口分布図
 
(赤円は半径2kmの円)
 
 
品川駅周辺は、新宿と同様に、
住んでいる人はほとんどいません
 
就業者はというと、駅の南東側に密集していることが、
昼間人口の分布図から分かります。
 
一方で、購買人口はというと・・・・
やや駅の周りが多くなっているものの、
新宿と比べると規模が小さいですよね。
 
比較しやすいよう、色の基準は、
新宿と同じ設定になっています。
 
新宿駅周辺は、濃い緑(500億円以上)や(2,000億円以上)でしたが、
品川駅周辺は、薄い緑(100億円~500億円)程度です。
 
 
つまりこのことから、
新宿駅周辺と比べると、品川駅周辺では、
購買流入客をターゲットにした店舗では、
繁盛させにくい
ということが推測できます。
 
ターゲット層として最も多いのは、
就業者、ということがここで見えてきます。
 
(もちろん就業者「だけ」がターゲットになる、
というわけではありません)
 
 
 
これら2つのエリアはどちらも、
駅周辺に流入が大きいことが特徴です。
 
では一方で、こういうエリアはどうでしょう?
東京都の江戸川区にある、「葛西」という駅です。
 
その周辺の各分布図は、こちらです。
 
1枚目:人口分布
葛西1人口分布図
 
2枚目:昼間人口分布
葛西2昼間人口分布図
 
3枚目:小売販売額(購買人口)分布
葛西3購買人口分布図
 
(赤円は半径2kmの円)
 
 
 
昼間人口・購買人口は、
駅周辺にはほとんどありません。
 
外エリアからの流入が全然ないことが、
見た瞬間に察せられますね。
 
一方で、人口分布は、濃い色のエリアばかりです。
 
こうした地域で商売をするのであれば、
地元住民をメインターゲットにしたり、
少なくとも地域に受け入れられやすい業態を考えたり、
などということがきわめて重要になる
でしょう。
 
 
 
 
 
 
 
このようにして、商圏データの中で、
「一番最初に見るべき3大指標」は、
地図上に色分布として落とし込んだだけで、
多くのことが分かります。
 
これだけでも、出店エリアを絞り込むのに、
とても重要な参考になるはずです。
 
 
これから出店する方々は勿論ですが、
すでに経営をされているお店の方も一度、
自店の周辺のこれらの分布がどのようになっているか、
確認してみることをお勧めいたします。

 
 
 
なお、余談ですが・・・・
 
今回の「葛西駅」のように、
流入がなくても人口が多いエリアであれば、
そうした周辺住民を狙えばいいということが、
容易に推測できるかとは思います。
 
では、大した流入もないことに加えて、
周辺人口もそう多くないエリアでは、
どんな人をターゲットにしたらいいのでしょうか?

 
その一例が、こちらにまとめてあります。
 
大きな流入のない特殊な商圏への出店ポイントはココ!

 
 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する