売上予測において「営業力」の要因はどう捉えたらいいのか

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


お店の売上げを決めるのは、「立地」のみではありません。

当然、「営業力」も少なからず関係してきます。
 

一生懸命お客様のためにサービスの向上、QSCの向上を図れば、
お客様の認知も好感度も高まり、顧客数が増える。


したがって、売上げも上がる・・・・
 


これは、誰もが認める経験則であり、正しいことです。
 


 
一定のオペレーションが確立しているチェーン店であっても、
店長やアルバイトの接客の質や、店内の雰囲気などで、
売上げは変わってきます。
 
「店長が変わったら売上げが1.5倍になった」
というようなことも、よく聞かれる話です。
 
ましてや、個人店であれば、売上げの多寡は、
営業力によって大きく左右されます。
 

同じ物件でも、
200万円しか売れないお店もあれば、
1,000万円売り上げるお店もあります。


それくらい、差がつくことが有り得るのです。
 


 
ですので、売上予測をする際、

「営業力の要因は加味されているのか?」

ということを気にされる方は多いですね。
 
しかし、実際のところは、

「勘案されていない場合が多い」

という状況です。
 


 
なぜならば、営業力と言うのは、

「数値化して把握することが非常に難しい」

要因だからです。


 
「一生懸命さ」や「サービスの向上」などにしても、
何をどうしたら数値化できるのか?

という問題が常につきまといます。
 
こうしたものを、客観的に数値化できない限り、
売上予測の際に、要因として取り入れることはできません。
 

 
立地要因であれば、例えば、
「周辺人口」「小売販売額」など、
客観的なデータ収集が可能です。

それに、「距離」「物件の大きさ」などのように、
実際に計測することができるデータもあります。
 
一方で、「従業員にどれくらいやる気があるか」や、
「店内がどれくらいきれいか」などは、
客観的基準に基づいて見ることがとても難しいものです。
 
 

しかしながら、そうは言っても、
売上げに営業力が大きく関わっている以上、
「営業力を加味しない」では、
納得がいく結果にならないことも重々承知です。

 
したがって、どうしても、
「何かしらの客観的数値を設定する」
という必要性が出てきます。
 


そのための方法はいくつかありますが、
最後に、大きなポイントを、
チェーン店の売上予測用に3つ、
ご紹介したいと思います。
 
 
立地+営業力=売上

 
1つめは、
「商圏への具体的投入物の量的評価」
です。
 

堅い言い方をしていますが、簡単に言えば、
「どれだけチラシをまいたか」
というようなことです。
 

とりわけデリバリーやスーパーなどの小売店では、
チラシ配りの量が売上げに直結しやすい傾向にあります。

飲食店などでも、チラシの効果は十分にあるでしょう。

 
「チラシをどこにどれだけ配布したか」
であれば、その枚数や配布したエリアなどは、
客観的データとして表すことができます
よね。
 
枚数だけではなく、配布したエリアの性質も、
統計データと合わせて把握しておくことがポイントです。
 
 

それから、
「スタッフ評価システムの確立」
です。
 
社内で、店長やアルバイトスタッフに対して、
評価の基準を明確に設定しておくのです。
 

特性や業績、能力などを、様々な角度から評価し、
点数をつけていきます。
 

その作り方についてはここでは割愛しますが、
社内に一定の基準さえできてしまえば、
全ての店舗を一律評価することができるため、
ある程度、「客観的数値」と言える
でしょう。
 

これは、確立までに長い時間がかかる恐れも有ります
 


 
そして3つめが、
「営業月数を用いる方法」
です。
 

営業している月数が多ければ、
それだけ商圏内で認知が拡がっており、
顧客の人数は増えて売上げは上がっている、

という考え方です。
 


ただし、この方法を用いる場合に注意すべきなのは、
「そもそもQSCが低いと悪い噂が広まる」
ということです。
 
すなわち、売上げはむしろ下がっていってしまう、
という場合が考えられます。

したがって、全店舗のQSCレベルが均一であることが前提の手法です。
 
 


以上、

「チラシをまいた量」
「スタッフの評価」
「営業月数」


の3点について、チェーン店は、
既存店のデータをしっかり取ってみてください。
 


もちろん、立地要因はしっかり分析した上で、です。


売上げを左右する立地のポイントを概ね勘案した上で、
これらの要因についても加味してみた時、
何らかの見地が得られることがあります。
 

そしたら、そのデータを用いて、
新店の営業力も仮設定し、
売上げを予測することができるでしょう。
 
(チラシを●●枚まいた場合、
スタッフのレベルが●●程度だった場合、など)
 
 

 
これが、チェーン店の売上予測における、
営業力要因の考え方です。
 
個人店につきましては、また別の機会に、
改めてお話しさせていただきます。

 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する