そのFC加盟、ちょっと待った!!~FCに加盟する時の重要な注意点~

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


フランチャイズ(以下FC)に加盟すれば、
商売は必ずうまくいく。
 
 
そう思っている人はいませんでしょうか?

 



 
これは、とんでもない迷信です。
 
もしも、そのように信じ込んでしまっているなら、
きわめて失敗のリスクが大きいと言えます。
 
 
 
「FCのシステムとは、
そもそも直営で成功したから作れるもので、
そのノウハウが詰まっているのだから、
成功の確率は高いはずだ」

 
と思われる方もいらっしゃるでしょうが、
そうとも言い切れないのが真実なのです。
 
なぜならば、
直営チェーンの成功と、フランチャイズチェーンの成功では、
その意味が、企業にとってまったく違う
のですから。
 
それでは、フランチャイズで言う「成功」が、
誰にとっての「成功」なのか、これを問う必要があります。
 
 




多くの場合、その「成功」とは、
FCシステムを売っている人・企業、
つまり「本部」にとっての「成功」ということ
です。
 
 
確かに、FC本部はそれなりの、
「売れる商品」や「売れる売り方」に関するノウハウを、
持っている
かもしれません。
 
そしてそれらは、個人がゼロから作り上げることに比べて、
はるかに効率的で、資金も少なくて済む
かもしれません。
 
ですから、経費もかかりにくく、初期投資も少なく、
経営的には安全に近いと思えても、
FCを初めて経験する人にとっては無理からぬことでしょう。
 
 
 

しかしながら、FC本部が提供してくれる標準の事業計画書、
とりわけ損益試算書をよくよく、注意深く見てください

 


どんな損益試算書もその表の一番上には、
「売上げ額」が書かれているはずです。
 
「このビジネスモデルではこれくらいの売上げになりますよ」
という話ですね。
 
その額はいくらになっていますか?
700万円ですか?800万円ですか?
 
 

問題は、ここにいくらと書かれていようとそれは、
「店の売上げは、『必ず』その売上げになりますよ」
という意味ではない
、ということです。
 

むしろ、それとはまったく反対です。
 

「その店の売上げが、そのような額になれば、
このような経費試算ができますよ」
という意味なのです。
 
数字はあくまで、「この売上げならば」という、
「仮定」を示しているに過ぎません。
 



 
そもそも、その仮定となる売上げ設定が、
「どんな場合、どんな立地でも成立する」なんて、
どんなFC本部も決して言わないはずです。
 
もし、そんなことを言うFC本部があったとしたら、
その本部はとっくに消えてなくなっているでしょう。
 
事実、あたかもそうした売上げが可能なごとく、
FC加盟希望者に誤解を与えただけで、
本部は裁判に訴えられてしまうのです。
 
本部と加盟店との裁判沙汰なんて、
そう珍しいものではありません。
 
ですから、なるべく訴えられないよう、
本部側だって慎重です。
ですので、そんな危険な橋は、
今ではどんなFC本部も渡らなくなりつつあります。
 
 


したがってFC本部は、
加盟店の「売上げ」を一切保証しません。

 
 


「仮に800万円売れれば利益の取れるビジネスモデル」
については手とり足とり教えてくれる
でしょうが、
 
「800万円売れるお店が出店できるかどうか」
については、責任が持てないために触れてこない
のです。
 
 


ほとんどのFC本部は、今では、
「仮にこうした売上げになった場合は・・・・云々」
のような慎重な言い回しをするようです。
 
「じゃあ、その売上げにならなかった時はどうするんだ」
という、加盟する側の声が聞こえてきそうですが・・・・
 
「そんな売上げになるかどうかは、
本部は預かり知らぬことです」と言ってくれるでしょう。
 
FC本部は、仮定のことについて、
「責任は持ちません」という態度です。
 


 
これが、「FCに加盟すれば成功する」と思っている人に、
加盟前に絶対に知っておいていただきたいことです。
 

 
 
FC本部は、繁盛の約束、収益の約束は決してしません。


 
ですから、FCに加盟しようとしまいと、
繁盛するかどうかは、結局のところすべて、
その店・人次第、というのが正解なのです。
 
 
 
FC加盟をご検討の皆様、このあたり、
十分に注意して、ご加入ください。
 



 
誤解の無いように申し上げておきますが、
私は、「FC加盟は悪い」「FC本部は悪い」
と言いたいわけではありません。
 
中には確かにあこぎな商売をする本部もありますが、
多くは善良な企業であり、同時に、
「良いものを世に広めていく」ために、
フランチャイズシステムはとても効率的な手法
です。
 
 
ただし、どんなショップビジネスも、
「楽して儲けられるもの」はありません。
 
FC本部は、そのビジネスモデルを作るために、
様々な労苦を経験してきたはず。
 
あなたが、そこに加盟してその恩恵を受けたいなら、
あなた自身もリスクを背負うべき、ということなのです。
 
そのビジネスモデルを使って商売がうまくいくかどうか、
あなた自身が、しっかり計画しなければなりません。
 
 
そのことを、忘れないでいただきたいと思います。
 
 

最後に・・・・
 
こちらのコラムも、
よかったら読んでみてください。
 
FC本部も仲介業者も「立地」のことは全然分かっていませんから

 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する