周辺の商業規模が大きくても、動線を外していれば、競合店に出店された時に大きなダメージを受ける恐れがあります!

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


【立地調査レポ #0010】
 
『いきなり!ステーキ 吉祥寺店』
 
 
いきなり!ステーキ吉祥寺店外観
 
 
実査日:2015/3/29


<立地点数>
 
65点/100点
 


<店舗データ>
 
平均月商:1,400万円
坪数:13.8坪
席数:最大21人収容可能
客単価:2,000円
業態:立ち食いステーキ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-8 けやきビル1F
 
(柴田書店『月刊食堂』2015年3月号より)


 
 
<立地所見>
 
 
お店の位置は、ここです。
 
いきなり!ステーキ吉祥寺店周辺GMAP
   
吉祥寺駅の南側、やや西に行ったところです。 
 
統計データでいうとこんな感じです。
(拡大して見てください)
 
いきなり!ステーキ吉祥寺店周辺統計データ
(SORB社製「統計てきめん2プレミア」にて集計) 
 
 
このお店も、ちょっと立地の判断が難しい物件です。
 
今回もまず、マイナス点から見て行きましょう。
 
 
買い物客の動線から外れている 
 
上の地図を拡大して見ていただきたいのですが・・・・
 
基本的に、吉祥寺周辺エリアの買い物客は「北口」側に集中します。
 
南北を比べるべくもなく、北側には「東急」「パルコ」「ヨドバシカメラ」などの大型の商業施設が密集し、巨大な商店街があるからです。
統計データで、小売販売額が約1,300億円と出ており、これは日本屈指の大きな数値ですが、そのほとんどが北側の商業エリアで発生しているものです。
 
一方、南側にも「マルイ」があるので、買い物客は訪れはするんですが、北側と比べると明らかに少ないです。
また、南側に訪れる人の中には、「井の頭公園」に遊びに来た人も多くいます。
 
ただ、「マルイ」のお客さんも「井の頭公園」への観光客も、このお店の前は通りません
駅からまっすぐ南側の方へ行き来するのみです。
(上の地図の青い太線が人々の動きです)

 
買い物客も観光客も、どちらも財布の紐は緩いので、狙い目ではあるんですが・・・・
動線から外れているということで、効率的な吸引はできません。
 
 
 
歩行者からお店がやや見えにくい 
 
間口はそれほど狭いわけではないのですが・・・・
ややセットバックしている(奥に引っ込んでる)ため、隣の建物等が邪魔になって、直前に来るまでお店が見えにくい状況です。
 
駅側から行くとこんな感じ。
 
駅側から行くと全然見えない
 
ほらちょっと見えにくいですよね。
直前まで来ると、ようやくこんな感じです。
 
直前になってようやく見えてくる
 
また、西側の交差点方面からくると、もっと見えにくい状況です。
交差点に近いものの、面しているわけではなく、ちょっと曲がったところに位置しているため、交差点から直接はこんな感じ。
 
交差点側からは見えない
 
その角を曲がるとようやく見えます。
 
交差点曲がるとようやく見える
 
間口がしっかりしていて、直前に来れば大概見えるため、そんなに大きなマイナス要因ではないものの・・・・
意識はしておかなければならない部分です。
 
こういうことを踏まえて、どこに看板を出せば効果的に認知されやすいのか、考える必要があるからです。 
 
 
 
続いて、プラス点についてです。 
 
 
南西側の人々の駅動線になっている 
 
買い物客のメイン動線からは外れているということを書きましたが、その一方で、駅の南西側エリアの人々が駅を利用する際の動線には乗っています。
 
上の地図でいうところの、ピンク色の矢印青い点線です。
 
駅周辺の他のエリアに比べたら、そんなに人が沢山いるというわけではありません。
そのため、過度な期待は禁物ですが・・・・
 
  
 
とはいえ商業規模は大きい 
 
前述のことと、やや矛盾するように聞こえるかもしれませんが・・・・
 
「効率的に集客するのは難しい」ではあるのですが、「集客できない」わけではありません。
 
全ての人がメイン動線しか通らないわけではなく、一部の人は、ふらふらっと別のところを通ったりもします。
それが、そもそも街にいる人の絶対数が多ければ、比例して道を外れる人も多くなる、ということです。
 
吉祥寺くらいの規模のエリアともなれば、商業の密集エリア以外でも、沢山の人がうろうろしています。
こういう繁華街の裏通りは、ベッドタウンのメイン通りに匹敵するようなところも沢山ありますからね。
 
さらには、このお店は、駅の南北を行き来できる道路に近いところに出店しています。
すぐ西側の交差点を北に行けば、北側の商業エリアに行けてしまうのです。
 
そのため、北側の買い物客がふらっと南側に来て、その時にお店の前を通ることは、十分に考えられます
 
 
加えて、このお店の前の通りは、「飲食店密集エリア」なのです。
 
多くの飲食店が出店していて、「南口側でごはんを食べるならあの通り」みたいになっているところがあります。
そういう意味では、南側において、飲食ニーズを吸引しやすいエリアに出店しているということです。
 
 
 
こうしたことを勘案して、このお店には65点という評価をつけました。
 
前回の錦糸町のお店と同じく、標準以上で、現時点では良好だと言えますが、今後も油断はできませんよ、という立地です。
 
この、南側の飲食エリアは、結構お店の入れ替わりも激しいところです。
狭いのにバスが多く行き来するこのごちゃごちゃした通りには、沢山の飲食店がひしめきあっています。
 
このお店は、間口がしっかり取れている分、存在感はアピールできるので、認知はされやすいでしょう。
けれども、北側の商業密集エリアや、駅南口から井の頭公園にかけての動線上に、他に競合店が出店してきたら、大きなマイナス影響を受けざるを得ません
 
そういった意味では、将来的なリスクを残した立地であるとは言えますね。
 
近年、破竹の勢いで店舗数を伸ばしている「いきなり!ステーキ」さん。
その功績の直接的な要因は、「業態が画期的」というのが、今は大きいでしょう。
 
しかし、だからこそブームが落ち着いた時、それでも永続的に繁盛し続けられるかどうかは・・・・立地選びにかかっています
 
果たして、この吉祥寺店くらいの立地で、どれくらいやっていけるものなのでしょうか。
明暗の分かれ目がハッキリするのは、もう少し先の話になりそうです。
 

 
 
 
 
 
 

 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する