地元住民をターゲットにする時の恐ろしい2大リスク

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


先日、飲食店のリトルマーケットにおける出店戦略のひとつとして、

「幼稚園があるかどうかをチェックする」
 
という話をしました。
 
またその他にも、「ホテル」など、
商圏内のポイントを押さえれば、
流入の無い小さな商圏でも、
お店を繁盛させることは可能です。

 
 
 
大きな流入のない特殊な商圏への出店ポイントはココ!

幼稚園のある地域の飲食店は繁盛しやすい!?
 
 
 


しかしながら・・・・
今日は、その正反対の話をさせていただこうと思います。
 
そもそも、

「繁盛させられる可能性がある」というだけで、
基本的には、多くの商売において、
流入の少ないマーケットは、オススメはできません。

 
 
 
それは、流入の規模が大きいマーケットほど、
人々の購買性向も高いから、商売に適している、
という意味も、もちろんあります。
 

(参考)
飲食店の売上げの最大値は、マーケットポテンシャルで決まる!

 

 
  
しかし、こうした理由のみならず、
リトルマーケットの出店においては、
きわめて重大な2つのリスクがあるのです。
 
 
 
住宅街の風景(梅ヶ丘①)

 

 
そのひとつが、
 
「地域住民に嫌われたら終わり」
 
ということです。
 
 
購買客が多く流入してくるマーケットであれば、
そこは「毎日違う人たちがいる」ということです。
 
仮に「1日1万人の流入がある」としたら、
その1万人は毎日ほぼ入れ替わりますので、
言うなれば1週間で7万人が訪れる、と捉えることもできます。
 
もし1人2人にお店が嫌われたとしても、
その街にはとっかえひっかえ新しい人々が来ますから、
別の誰かをちゃんとお客さんとして捕まえればいいだけ
です。
 
 
 
 
しかし一方で、リトルマーケットの客層は、
周辺地域に住む人々です。
 
仮に「周辺人口が1万人」だとすると、
その1万人は毎日同じ人々なのです。
(引っ越しなどの流出入はありますが、
基本的にはずっと変わりません)
 
もし、1人にお店が嫌われると、
その人は2度と来店しませんので、
ポテンシャルがどんどん減っていく、

ということになります。
 
 
 
それだけならまだしも、だいたい地域住民は、
地域の情報ネットワークを持っていることが多いですから、
お店の評判は、口コミで瞬く間に地域に拡がります。
 
「あの店は接客が悪かった」などという悪評が、
ひとたび商圏内に流れてしまえば、
そのダメージは、想像よりきわめて甚大です。
 
 
そして、後から何とか挽回を図ろうとも、
一度嫌いになったお客さんを取り戻すのは、
非常に難しい
と言わざるを得ません。
 


ご自身がお客さんの立場であることを考えれば、
それは容易に想像がつくでしょう。

 
一度行って悪いイメージを持ったお店に、
再び行こうとはそうそう思いませんよね?
 
 
これがひとつめのリスクです。
 




ふたつめは、
 
「自店より強い競合が出てきたら終わり」
 
ということです。
 
 
ただでさえポテンシャルが小さい商圏ですから、
競合するお店が出店してくれば、
当然、パイの奪い合いにならざるを得ません。

 
「ちょっと探せば大体何でもたくさんある」
というような大繁華街エリアと違い、
選択肢が限られるリトルマーケットでは、
お客さんのお店選びも慎重です。
 
かなり厳しい目線で、競合と比べられると思ってください。
 
 
そして、比べられた上で、競合相手を選ばれたら・・・・
わざわざ、そこに劣る自店に、
お客さんが戻ってくる理由はありません。
 
前述の「嫌われたら終わり」も相まって、
きわめて苦しい状況になるでしょう。
 
 
ちなみに、「嫌われる」というのは、
「サービスが悪いから」などの理由には留まりません。
 
ネガティブな印象を与えてしまえばもちろんですが、
例えば、「駅からちょっと行きにくい」であるとか、
「間口がちょっと狭くて入りにくい」であるとか、
その程度のものも、理由になります。
 
 
それでも、地域にあなたのお店しか無かった時は、
お客さんは選んでくれていたかもしれません。
(他に選択肢が無いから、という理由で)
 
しかし、もし競合店ができて、
「あなたのお店よりちょっとだけ駅に近い」
「あなたのお店よりちょっとだけ入りやすい」
などという状況になれば・・・・
 
決してあなたのお店が「悪い」わけじゃなくても、
お客さんには選んでもらえなくなるのです。
 
 
 
こうしたリスクによる、
恐ろしいほどの売上げへのマイナス影響は、
大きなチェーンであればどこも経験しています。
 
全盛期のマクドナルドですら、
その地域では嫌われてしまったがゆえに、
決して立地はそこまで悪くないにも関わらず、
閉店に追い込まれたケースはあります。

 
 
 
このようなリスクを勘案すると、
小さな商圏への出店は・・・・
 
 
「地域住民に愛され続けること」と、
 
「競合店が後から出ても負けない営業内容と立地」が、
 
必須であるということです。
 
 
これを、「ハードルが高い」と見るか、
「それさえクリアすればチャンスがある」と見るかは、
あなた次第です。
 
しかし、十二分に気を付けて出店するようにしてください。
 
  
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する