お店の閉店・撤退、ちょっと待って!

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


今、撤退するお店の3店に1店は、
「開店から1年以内」という、
きわめて短い営業期間で撤退してしまいます。
 
 
 
そのほとんどの理由が、シンプルに、

「売上げが上がらないから」

です。
 
 
 
 
そして、「これ以上はもう無理」と、
せっかく出店したお店なのに、
売上げをアップさせることを諦めてしまうのです。
 
 
もちろん、何をやっても無駄、無理という立地もあります。
そしてそういう「貧乏立地」が、少なくないのも事実です。
 
「貧乏立地」に出店してしまったのであれば、
最終的には、店を閉じることでしか対処できません。
 
 
しかしながら、私が申し上げたいのは・・・・


そういった「最終手段」を取る前に、
やるべきことがまだあるのではないか、


ということです。
 
 
 
 
 
まず、
 
お店の近くには、どんなTGがありますか?
 

駅ですか?
 
平井駅北口
 
大型小売店ですか?
 
伊勢丹(新宿)
 
大型交差点ですか?
 
通勤中のサラリーマンの群れ
 
はたまた、学校や公園ですか?
 
流通経済大学
 

 
 
 
そして、そのTGから、
お店は自然に見えますか?

それとも、意識して探さないと
見つけられませんか?

 
 
 
TGから「見える」ようにするだけで、
集客力は大きく変わります。

 
 
お店が直接見えなくてもいいのです。
「店の存在感」を示す方法を考えましょう。
 
TGからよく見える場所に、
看板を掲出できれば最上です。
ごく小さなプレートのようなものでも構いません。
 
 
お店の看板を設置したり広告を掲載したりできる場所は、
実は色々と数多く存在します。
 
バス停の長椅子や、電柱や消火栓
そういったものにすら、
交渉次第では可能です。
 
こうして、お店の存在感を、
TG付近で高めることをしましたか?
 
 
 
 
 
続いて、動線についても、
同じように工夫をしましたか?

 
 
 
自店舗のチラシや割引券を、
動線上で頻繁に配るだけでも、違います。
 
店の直前や直近で配ったって、
ほとんど効果はありません。

 
むしろ、何もしなくても来てくれるお客様に、
しつこくアピールしてしまうだけで、
新しいお客様は望めないどころか、
逆効果になってしまうこともあります。
 
多少お店から遠くても、集中度の高いTGや、
動線上で配ることが必要なのです。
 
 
また、チラシ配りだけではなく、
プラカードやサンドイッチマンもできます
 
サンドイッチマン写真
 
 
恥ずかしいと思うくらいなら、
きっとお店への愛情もその程度なのでしょう。

 
でも、恥ずかしがっていたら、
売上げは望めませんから。
 
 
 
店長自ら率先して行い模範を示した後、
従業員にも行ってもらいましょう。
もちろん、時給アップのインセンティブ付きで。
 
 
チェーン店でも、個人店でも、
こうした努力の必要性は同じことです。
 
 
 
 
 
そして、ちゃんと、
 
「お客さんに伝わる看板」
は設置していますか?

 
 
どんなにこだわりで作り込んだとしても、
お客さんに伝わってなければ意味はありません。
 
何を伝えるべきか、とことん絞込みをしてください。
掲載する情報は少なければ少ないほど良いのです。
 
できれば、お店のシンボルマークと、
お店がある場所を示す矢印だけ、
というのが理想
です。
 
 
 
さらには、
「視界障害」「視界融合」「視界退行」「視界縮小」
そのいずれも極力発生させない、
そういった工夫がされていますか?
 
 
こういう設置の仕方をしても、
伝わらないのは分かりますよね??

 
↓↓↓↓↓↓
 
もうとにかく看板ぐっちゃぐちゃ

視界融合が発生する共同看板


 
ちなみに、看板というと、
専門の業者に頼んで作ってもらう、
そう思い込んでいる人も多いでしょう。
 
チェーン企業として、統一規格を持っているお店ならともかく、
とりわけ個人店であれば、経営者自身がデザインし、
設計し、作っても一向に構わないのです。
 
 
ちなみに、良い看板の事例は、
こちらの記事も参考にしてください。
 
静岡実査で見つけた建物や看板の良い工夫5選


 
 
 
 
 
毎年、数多くのお店が街から姿を消していきます。
 
その中には、

「まだまだ売上げを伸ばせる余地があったのに」

と、私からすると非常にもったいなく思えるお店も、
いくつも見受けられます。
 
 
お店が大きく赤字になってしまってからでは、
上記のような努力をすることも、
現実的に難しい場合もあるでしょう。
 
 
ですから、その前に、オープンしたらすぐ、
最大の努力をしていただきたいのです。

 
 
 
 
もっと言ってしまえば、それこそ、
出店前に最も大きく力を入れていただきたいですが・・・・
 
現実問題、出店してしまってから、
「どうやったら売上げアップできるだろう」
と考えることになるケースが、多々ありますね。
 
 
 
 
「立地」でできる工夫、実はたくさんあります。
 
「出店」の前はもちろんですが、
 
「撤退」の前にも、立地を簡単には諦めないでください。

 
 
 
 
 
なお、上記は「立地」に関しての、
撤退前にやるべき施策ですが・・・・
 
勿論、「営業力」の面でも、改善はしなければなりません。
 
撤退を決める前に、営業内容にどういった改善をするべきか、
それを知るためにやらなければならないことがあります。
 
こちらもぜひお読みください。
 
お店の撤退前に必ずやっておくべきこと





□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する