永く続く繁盛店作りに「小学校」が重要になる理由

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


流入の無い小さな商圏では、大きな商圏よりも殊更に、

「どんな人が周辺に住んでいて」
「どんなニーズがあるのか」


を、細かく見ていくことが、繁盛の鍵になります。
 

というのは、以前に書いた記事でも、
お話ししました。
 
その一例として、商圏内に「幼稚園」があると、
飲食店は繁盛する傾向にあるという話についても。
 
 
幼稚園のある地域の飲食店は繁盛しやすい!?

 
 
 
 
さて今回は、同じように小商圏でのポイントとして、
 
「小学校」
 
をピックアップします。
 
 
小学校画像2(無料サイトより)

 
 
幼稚園と同様、小学校についても多くの人が、
 
「自分のお店は小学生はお客さんにならないから関係ない」
 
とお考えかもしれません。
 
 
しかし、それは大きな間違いです。
 
 
 
 
広域から多くの購買客が流入してくる、
新宿や渋谷、梅田や神戸や博多天神などの、
きわめて大きな商圏ならいざ知らず・・・・
 
基本的に地元客がメイン客層になるような商圏では、
 
「いかに地域との結びつきを強めるか」
 
ということが、非常に重要なポイントになります。
 
 
 
その地域に馴染めない、地元の人たちに愛されないお店は、
すぐさま廃れて消えていってしまいます。
 
そうしたことは、各地の地元商店街において、
ナショナルチェーンが軒並み失敗傾向にあることからも、
疑いようのないことなのです。
 
本来どんなに集客力があるブランドであっても、
地元住民から嫌われてしまったお店は、
挽回を図る余地もなく撤退することさえあります。
 
 
 
そうならないために、地元の人々と、
仲良くなることが大切になってくる
のです。
 
 
そしてそのカギを握るのが、「小学校」というわけです。
 
 
小学校画像(無料サイトより).jpg

 

 
それはなぜなのか、順を追って説明していきます。
 
 
まず、お店が繁盛するには、
たくさんのお客さんが来てくれなければいけませんよね?
 

そして、お客さんがお店に来てくれるためには、
そのお店に、自分たちが気に入ったものがある、
ということを知っていなければなりません。

 

ハンバーグが好きな人は、そのお店に、
ハンバーグがあることを知っているから、行くのです。
 
 
 
しかし、人間は何かを、
「突然好きになる」
「突然気に入ってしまう」
ということはほとんどありません。
 
好きなもの、嗜好は、
小さい頃からの習慣や親しみの経験が、
とても大きく関係してくるのです。
 
特に飲食においては、
アルコール類や香辛料などの特別なものを除き、
小さい頃からの習慣によって、
好き嫌いの大部分が形成されます

 

早く親しめば、早く好きになります。
早く好きになれば、
大人になってもその味覚は忘れられません。
  
それはチョコレートであれ、
ハンバーガーであれ、
ラーメンであれ、
お寿司であれ、
共通していることです。
 
 
 

ということは・・・・
地域の人に、将来に渡って来店してもらうことを考えたら、
一部の例外食を除いて、
小さい頃からお店に慣れ親しんでもらうことが、
とても大切だということ
です。
 




なお、その際、
「必ずしも食べてもらわなければならない」
ということはないのです。
 
例えば、ファミリーレストランにて、
お子様ランチなら食べることができる子供たちは、
そのお店での「食事体験」そのものを通して、
そのお店のことが好きになります。
 
そして、味覚が安定してきた大人になっても、
子供の頃と変わらず来店してくれます。
 
要するに、子供のうちに来店経験をして、
楽しい思い出が作られることが大事
なのです。
 




 
これが、

「地域で長くお店を続けていくこと」

の秘訣です。
 
 



ナショナルチェーンの中には、
このことをよく知っている企業も多くあります。
 
ファストフードやファミリーレストランは、
だから、子供たちを大事にする
のです。
 
わざわざお子様用のメニューを作るのは、
大切な「未来のお客さん」作りの一環でもあったわけです。
 
 
 

こうした、子供を取り込むような工夫は、
もちろん、ラーメン店がやっても良いのです。
 
コーヒーショップや居酒屋だからといって、
「うちは子供向けのお店ではない」と、
諦める必要はありません。
 
 

ここで、
「小学校」に働きかけましょう、
という話になります。
 

具体的には、例えば、
社会見学の一環として見てもらうことです。
 

情操教育の一環として、
店内の絵を描いてもらいましょう。
作文だって良いのです。
 
そして、それらの絵を店内に貼りだすのです。
 
「〇〇店通信」などのように、
新聞を臨時に手作りしたって良いでしょう。
 
これらを無料で地域に配れば、
地元住民へのあなたの店への関心度は、
一気に高まるに違いありません。
 
 
 



今、目の前の売上げしか見えていなければ、
子供の存在を軽視してしまうかもしれません。
 
「直接のターゲットではない」というだけで、
子供を取り込む工夫をする気にはなれないかもしれません。
 
 
けれども、そんなお店の姿勢を、
地域の人々はしっかり見ています。
 
そして、繰り返しになりますが、
小商圏でのお店の繁盛は、
「地元の人々に好かれるお店になること」
が必要不可欠
です。
 
 

「このお店は、地域の子供たちをも大切にしてくれる」
 

そんなふうに受け入れてもらえれば、
大人たち、つまり直接のターゲット層だって、
そのお店を利用する気になりやすいはずです。
 
 
 
将来の売上は、今の子供たちが運んできてくれます。
いえ、もしかしたら今すぐ、
大人たちを引き連れやって来てくれるかもしれません。
 
 
地域の子供たち、小学校と仲良くなり、
盤石な人との繋がりを作っていくようにしましょう。

 
個人店であっても、チェーン店であっても。
 
 
 






最後に・・・・
「子供を取り込む戦略」について、
あのマクドナルドもそうでした。
 
以前にも、私自身の体験談を記事にしてましたので、
こちらもどうぞ。
 
マクドナルド中毒にされていた自分を思って笑う



 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する