立地のド素人だって1日でコツを掴んで売上予測までできるようになる~本質をちゃんと押さえればね~

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


実査終了、新幹線で東京に帰っております。
 
11時から19時まで、途中で食事休憩を挟んでの約7時間、
ほぼノンストップで歩き続け・・・・足がミシミシメリメリ。
 
しかも今日は、7時間ほぼ喋り続けでした。
 
 
170428京都実査いってきた
 
 
 
 
基本的に物件の実査は、ひとりでやります。
 
ただ、京都のお得意様にだけは、特別に、
 
「一緒に実査に同行して現場でリアルタイム解説」
 
ということをやっています。
 
 
しかも今日は、
 
「4日前から新人が入ったんで、一緒によろしくお願いします!」
 
とのことで・・・・
 
店舗開発も、立地調査も、一切今まで経験がないという新人さんを連れ、
いつもよりたくさん、いつもより細かく分かりやすく、
基本的な部分から解説していたので・・・・
 
結果、ほぼ7時間、歩き続けの喋り続け。
 
 
 
 
 
あああああああ
疲れました・・・・・・・!!!!
楽しかったけれども、とても疲れました。
帰ったら今日はぐっすり寝ます。
 
 
 
 
 
 
ところで、ですよ。
 
 
その新人さん、うちの父の本(※)は読んできてくれてたので、
知識としての基本用語は頭に入ってたんですけど、
まぁ、それでも経験的には、ド素人もいいところ、なわけですよ。
 
転職でその僕のクライアントさんの会社に入ったらしく、
それまで全然違う業界にいたから、
物件とか立地のことなんか、ちんぷんかんぷんだったわけです。
 
 
 
それでも、ですよ。
 
 
7時間近く一緒に歩き回ってると・・・・
 
 
最後の方には、結構、立地が分かるようになるんです。
 
 
 
 
 
 
僕の立地指導の初級編では、
個人の開業希望者でも、法人の店舗開発担当者でも、
まずは、基礎知識を座学で覚えたあと、
 
「一緒に実際の街を見て回りながらの実地研修」
 
をおこないます。
 
 
「ここがこれこれこうだから、この場所はTGと言えるんです」

「一見通行量は少ないけれども、
ほら、ここにはこういう人たちの動線ができてます」

「見てください、あの店の並びを。
看板が見えにくいですよね、これが実際の視界性です」

 
などなど・・・・
 
街を見ながら解説していくと、これが、
とても分かりやすくピンときてくださるようで、
 
「おおー!」「なるほど!」
と声をあげて、楽しそうに学んでくれるのです。
 
 
 
 
 
そして、そういう実地研修の時は、必ず最後に、
「テスト」をおこなうようにしています。
 
 
 
 
「今から1時間あげます。
その間に、今日歩き回った範囲内で、
『自分だったらここに出店する』
という物件を見つけてきてください。
 
実際にそこに出店するわけじゃないので、
他のお店が営業していても構いません。
 
ただ、もしもそこが空いたとしたら本当に取りに行く、
というつもりで、『現実的』な物件を探してください。
 
そして、その物件を選んだ理由と、
その物件に出店した時の売上予測を、
1時間後にプレゼンしていただきます」

 
 
 
というような感じです。
 
 
 
この「テスト」は、毎回必ず、入れるようにしています。
 
というか、これをやらないで、
僕の解説だけ聞かせていても、
立地が分かるようには絶対にならないので。

 
 
自分の頭で考えて、答えを出して、
その答えに対して、僕がコメントをしていってあげる方が、
よっぽど学びになるし、実践的な力がつくと思っています。

 
 
 
 
 
 
で、こういうやりかたをしていると、
不思議なことが起こるわけなんです。
 
 
各自で街を回って物件を探してきてもらい、
1時間後にプレゼンをしてもらうと・・・・
 
 
毎回、みんな、「イイ線」いくんですよ!
 
 
僕とピッタリ一致する見解を出す人もいるくらいに。
 
その日の始まりの時点では、
ほぼ素人だったはずの人が、ですよ。

 
 
 
これ、すごいことだなぁと。
 
 
 
 
 
今日の、そのクライアントさんの会社の新人さんもそうでした。
 
最初の方は、ただ、僕の話を聞いてるだけだったのが、
途中からすごく積極的になり、最後の「テスト」では、
かなりイイ物件をピックアップしてきて・・・・
 
しかも、その物件の売上予測も、僕の考えたものとほぼピタリ
 
 
ちなみに、最初から優秀だったわけではありませんよ。
 
最初、実査研修開始の直後に、
力量を測ろうと思って、例題を出したら・・・・
それには、やや的外れな答えが返ってきました。
 
的外れというか、間違いではないんですが、
全然見てる範囲が狭くて、考えが全然足りていませんよ、という感じの。
 
 
 
ということはつまり、
 
彼は今日1日、僕と一緒に回る時間の中で、
学んで、成長したっていうことなのです。

 
 
 
 
 
これくらいのことが、できてしまう。
だから、立地をちゃんと学んでほしいなと思うわけです。
 
後回しにしたり、なおざりにしたりせずに。
早い段階で、ちゃんと学んでおけば、そんなに難しいことではありませんから。
 
 
 
 
 
 
まぁ勿論、1日でエキスパートになれたら、誰も苦労はしません。
 
このテストだって、それまでに1日その街を一緒に見て回って、
僕が細かく解説をしてますからね。
 
街のどこがどういう構造になってて、
どこに人の流れがどうできてて、
どこからどこまでの範囲が良い立地なのか、
その街については徹底的にポイントを網羅してますから。

 
 
別の街で、じゃあ僕がやったように、
どこにどういう動線ができていて、
どこが繁盛の可能性の高いエリアなのかって、
街自体を分析することができるかどうかは、別の話です。
 
 
そういう応用は、ちょっと難しいことだと思います。
 
 
けれどもそれだって、
基本の考え方さえ身に付けられれば、
後は色んな街を見て、経験を増やしていくことで、
どんどん熟練度は上がっていきますから。

 
 
身体に覚えさせるには反復練習が必須ですけれども、
最低限のコツを押さえることは、こうして、1日あればできちゃうわけです。
 
 
 
 
 
 
 
そんな手応えを、改めて感じました。
 
 
ちなみに、特に最近は、今までもよく書いているような、
お店の本質的な「在り方」の話を織り混ぜています。
 
 
「どんな人が、どんな時に使ってくれるお店を出したいんですか」
 
「お店がこんなところにあったら、
いったい誰が幸せになるんですか」
 
「本当に人を喜ばせたいなら、良いお店を作りたいなら、
不安や恐れや妥協から物件を選んでも、
大した成果は得られないんですよ」

 
というような。
 
 
 
 
今日も、その新人さんには、研修の最中、
 
「立地を考えることは、
人生の本質を考えることに繋がっています。
専門用語とか分析とか統計とか、後回しでいいんで、
とことん、
『誰を喜ばせたくて、
そのためにはお店がどこにあるべきなのか』
を考え抜いてください」

 
と伝えました。
 
そしたら、僕とピッタリ合う予測を出してきたわけです。
 
 
すごいですよね。
 
 
 
 
 
と同時に、やはり、専門技術よりも本質をとことん考えさせた方が、
立地を見る目は養える、と確信しました。
 
 
ノウハウや知識というものは、それ自体が大切なのではなく、
色んな情報を整理するために、そのサポートをするものでしかないのです。

 
 
いきなり本質を考えろって言われても、
どこから手をつけたらいいか分からないだろうから、
評価ポイントを知識として教えてあげるだけのこと。
 
 
「じゃあ商圏がどうなってるのか考えてみましょう」
「動線はどこを誰が通ってますか」
「どこを歩いている人から見えるようになってるんですか」

 
というように、考える取っ掛かりを与えているだけ。
 
そういうことですね、やっぱり。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに普段、お店を出したい人や、
企業の店舗開発の方に、こうして実地研修をするのは・・・・
 
 
TGとか動線とかの基本の用語の知識を、
父の本や僕のブログなどを読んで知ってくれている前提で、
1人につき1日4万円(+消費税)で承っているのですよ。
 
 
でも、最近かなり手応えを感じてきたので、
夏前をメドに、値上げするつもりでいます。
 
倍くらいの価格にします。
そういう勇気を出そうと決めました。
 
と同時に、それくらいの価値のあるものに、
もっと高めていこうと思います。
 
4万円のうちに受けておきたいと思う人は、今のうちにどうぞ。
メッセージいただければと思います。
 
 
業種業態は問いませんし、1日で回るエリアも応相談です。
大きな街だとそこだけで1日かかりますけど、
小さな街なら2~3ヵ所も可能。
 
11時~19時くらいまで、ほぼノンストップで、
ずっと歩き続けられる覚悟のある方のみ。
(もちろん小休憩は取りますよ)
 
 
ソルブのロゴマークが「足」のマークであるように、
歩きまくることは、良い立地開発の基本です。
 
SORBロゴマーク

 
 
 
 
 
 
 
 
うーん。
 
まだまだ、この立地コンサルタントという仕事は、
価値を高めていこうと思えばできそうだし、
今ある商品以外にももっと提供の形を考えられるなぁ。
 
そんなことを思いました。
 
 
 
 
(※)父の本= 「最新版これが『繁盛立地』だ!」
 
「最新版これが『繁盛立地』だ!」

 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する