本当に「良いお店」が当たり前のようにしていること

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


ベイビーキングキッチンのカルボナーラ



先日のことです。

コンサルティングの場に使ったカフェに、
ペンケースを忘れてしまいました。
 


翌日、それに気づいて、お店に連絡すると、お店の人に、

「気付かなくてすみません!」

と言われたのです。
 



そりゃ、僕も飲食店に勤めてたことがあるので、分かります。
 
お客さんの忘れ物チェック、大切ですよね。
 

とはいえ、忘れ物は、忘れる方が100%悪いのです(笑)
 
お店側が、「気付かなくてすみません」なんて、
本当は、言う必要なんて無いのです。
 
 



ただ、それでも。
 
そう言ってくれる心遣いが、嬉しいのです。
 

「気付いてあげてればお客さんはもっと嬉しかったろうにな」

と思ってくれる、その気持ちが嬉しいのです。
 
 
 


僕は、(恥ずかしながら)よくお店に忘れ物をしてしまう方です。
 
だから、ちょいちょい、こういうことがあります。

 
そんな時、忘れ物を取りに行って、
「気付かなくてすみません」という、
気遣いの言葉をスタッフの方がかけてくれるお店は、
例外なく「良いお店」だと感じます。

 



 
一事が万事。
 
本当にお客さんのことを考えているかどうかって、
こういう、些細な部分にこそ、如実に表れてきます。
 
 
「おいしい料理を作る」
「内装をオシャレにする」

 
そういう、表面的な改善提案を、
決してないがしろにはしません。
 

しかし、本質的なことを言えば・・・・

「お客さんのことを想う」という、
根本の部分がしっかりしていれば、
その想いは結果的に、
「おいしい料理」や「オシャレな内装」に繋がってくるものです。
 
なぜなら、その方がお客さんだって嬉しいって思うわけですから。
 

そういう、心根の部分を度外視して、ただただ、
表面的に「工夫」をすればいいってものではありません。


 



 
本当に「良いお店」が、当たり前のようにしていること。
 
それは、こういうところにも表れているのです。
 

返ってきたペンケース

ペンケースが戻ってきてよかった。

僕はまた、そのお店を使いたいと思えました。

ありがとう。




 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する