本当に良いお店は商品クオリティのみならず開業する立地をも大切にする ~埼玉の有名スイーツ店の事例~

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


 
前回は、フジテレビ「みんなのニュース」で紹介されていた、「どうしてつぶれないの?」というお店について書かせていただきました。
 
それに続き、今日はTBS「マツコの知らない世界」で、「埼玉スイーツの世界」と題して、埼玉県でいかに今スイーツ業界がアツイかという話と、話題のスイーツ店が4店ほど紹介されていました。
http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/
 
僕は埼玉生まれの埼玉育ちなのですが、知らないお店ばかりで衝撃でした(笑)
 
 
番組終了後、やはり気になってしまい、それぞれのお店について調べてみると・・・・
面白いことが分かってきたので、今回も書かずにはいられませんでした。
 
 

☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆
下記フォームからお問い合わせください。
https://ws.formzu.net/fgen/S34509412/


 

 
番組の中ではそれぞれのお店の詳しい場所については触れられず、マツコさんが、
 
「ちゃんとしたものを作っていればどこでもちゃんとお客さんは来るのねぇ~」
 
という、「立地が悪い」と捉えられるような発言をなさっていました。
 
そのご意見自体には、僕も心から同感です。
本当に素晴らしい商品を出していて、立地の悪さを跳ね返しているお店の事例は沢山あります。
 
 
が、しかし・・・・では、実際のところどれくらい立地は悪いのかな?と気になり、それぞれ地図と統計データと、ネットで見つかる写真などを参考に調べてみました。
 
すると・・・・
 

 
「立地が悪い」なんて、とんでもない!!!
 
紹介されていた4店舗がそれぞれいずれも、確かに「一等立地」ではないものの、決して「悪い」とは言えない、むしろ好立地に出店していました
 
 
簡単にではありますが、そのことについて解説したいと思います。
 
 
 


①パティスリー・アカシエ(浦和)
アカシエ_店舗外観
埼玉県さいたま市浦和区仲町4-1-12
アカシエ_地図
(写真・地図は食べログより http://tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11003500/
 
食べログ点数:「3.99」!!!(凄い!)
 
立地点数:【62点】
 
<解説>
 
駅前商店街などの商業エリアからは離れており、購買客の効率的な吸引は難しいです。
しかしながら、お店は「中山道」という、このあたりで一番の大動脈となる大きな道路に面しています。バスも沢山通っていますし、100m程のところにバス停もあります。お店自体にはどうやら駐車場はついてなさそうですが、有料駐車場がいくつも周りにあります。
すなわち、「目的来店する時にとてもアクセスしやすい場所」と言えます。
そして500m圏内には県庁や区役所などがあり、地域の住民たちが日常的にこの辺りに流入してきています。
したがって、販促のやりよう次第ですが、さいたま市内の広い範囲の人を集客できる可能性があるのです。
 
 
 
 
②菓子工房オークウッド(春日部)
オークウッド_店舗外観
埼玉県春日部市八丁目966-51
オークウッド_地図
(写真・地図は食べログより http://tabelog.com/saitama/A1102/A110204/11000265/
 
食べログ点数:「3.64」!!
 
立地点数:【61点】
 
<解説>
 
駅からは1km程離れているものの、駅前に直結する大通り沿いで、周辺住民の生活の核となってる大型スーパーと同じ敷地内にあるお店です。
スーパーと同じ敷地にあることで、周辺住民にとっては日常的に目にするお店となっており、これによって住民の集客は効率的にできているでしょう。
加えて・・・・店前の道路は、すぐ300mほど北で、国道16号に接続しています。この道路は埼玉県を広範囲に貫くきわめて大きな道路であり、この道路があることで春日部市外からもアクセスがしやすい状況になっています。
 
 
 
 
③シャンドワゾー(川口)
シャンドワゾー_店舗外観
埼玉県川口市幸町1-1-26
シャンドワゾー_地図
(写真・地図は食べログより http://tabelog.com/saitama/A1102/A110201/11025121/
 
食べログ点数:「3.68」!!
 
立地点数:【71点】
 
<解説>
 
駅前の商業エリアからはやや離れるものの、わざわざ行こうと思ったらアクセスに大きな負担があるほどではありません。
何より、周辺には複数の高層マンションが建ち並び、お店は人口密集のド真ん中に位置しています。
この辺りの住民は比較的所得水準も高い方であり、ターゲットとしても適しているでしょう。
その上、お店の前の道路はそれなりに広い道で、駅や商店街に向かう住民の動線も形成されていると思われます。
地元住民の普段使いも出来るし、駅からわざわざアクセスするにも悪くない、ちょうどいい立地です。
 
 
 
 
④パティスリー・アプラノス(武蔵浦和)
アプラノス_店舗外観
埼玉県さいたま市南区沼影1-1-20
アプラノス_地図 
(写真・地図は食べログより http://tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11027913/
 
食べログ点数:「3.56」!
 
立地点数:【62点】
 
<解説>
 
武蔵浦和駅からは500m以上離れていますが、駅直結の大きな道路沿いのお店です。
商業が盛んなエリアではありませんが、川口のお店と同様、周辺はいくつも高層マンションが建ち並ぶ人口密集エリアです。
また、お店の前の道路は東西に広く伸びているので、商圏も拡がりやすい場所です。直近のマンション群のみならず。西側の方の団地の住民も日常的に吸引できる可能性があります。
 
 
 
 
このような感じで、いずれのお店も、60点~70点前後の、比較的好立地だったのです!!
(勿論、実際に現地を見てるわけじゃないので、実際には数点の誤差はあるかもしれませんが)
 
大体、これまで1,500店以上の立地を見てきた感覚では、【55点】くらいが可もなく不可もなくな標準立地です。
 
そこをいくと、この4店舗はいずれも標準以上ということです。
 
「誰が見ても良い立地」と言うのは【75点】以上を指し、ファストフードなどではそれくらいが期待されるところですが・・・・
こうしたスイーツ店のように、本当にクオリティの高い商品を提供でき、わざわざ遠くからも人がやってくるような業態であれば、これらの立地は、申し分ないと言えます。
 
 
 
マツコさんは、埼玉県というだけで「あんまり立地(エリアの質)がよくない」とお考えだったようですが・・・・実は、そうでもないんですね(笑)
 
そりゃ、東京の人から見たら、埼玉にはアクセスしにくいかもしれません。
 
けれども、じゃあ、「お店は誰のためにあるのか」をちゃんと見つめ直した時、「東京からのアクセス」がそんなに大切なこと、なのでしょうか。
 
いいえ、そんなことはありません。
やはり、お店が一番に大切にしなくちゃならないお客さんは、「お店の周りにいる人たち」です。
地域の住民や、そのエリアで買い物をしていて、日常的にお店に来てくれる可能性の高い人たち。
そういう人たちを、まずは大切にすることから、始まるのです。
 
地元の人々に愛され、さらに、クオリティが高いために遠くからもわざわざ来てくれる・・・・
そういうお店が、ショップビジネスの理想の形です。
 
 
 
「立地が良い=お店に行きやすい」ということは、ショップビジネスがお客さんにできる「最初のサービス」です。
 
それを踏まえると、今回番組で紹介されていたこの4つのお店は、いずれも、商品自体のクオリティの高さのみならず、他の面でもお客さんを大切にしていることが伝わってくる、本当の本当に良いお店だということが感じられます。
 
 
 
こうしたお店が、人々に愛されるのは当然です。
 
こんなお店が、これからもどんどん増えていってほしいですね。
 
 






□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する