「飲食店開業時に押さえておきたい3つの数字」について、補足

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


中小企業の課題解決サポートメディア、『RISE UP CLUB』
http://www.bk.mufg.jp/houjin/riseupclub/index.html
この、2/8付の記事、「飲食店開業時に押さえておきたい3つの数字」
http://www.bk.mufg.jp/houjin/riseupclub/2016/02/post-269.html?readmore=1#main
を読みました。
 
RISE UP CLUBのトップ
  
 
これは非常に大切な記事ですね!!
飲食店開業に携わる人たちにぜひとも、読んでいただきたい記事です。
 
 
 
 
が、僕からあえてひとつだけ、補足しますと・・・・
 
ここで取り上げられている3つの数字、
「家賃比率」「FL比率(人件費率と原価率)」「坪月商」
 
これらはみな、ひとつの前提の上に成り立つ数字です。
 
 
 
 
 
その前提とは、『月商(売上げ)』です。
 
 
家賃比率とは、「月商」に対する比率。
FL比率も同様。
坪月商も、「月商」ありきで、それを面積(坪数)で割った数字です。
 
 
ここで、ひとつ考えていただきたいのです。
 
 
「月商は、自分で決められるものではない」ということを。
 
 
 
誤解しないでいただきたいのですが、こうした数値シミュレーションは、出店前に非常に大切なことのひとつです。
 
しかしながらそれは、目標売上げを主観的に設定して、それに対しておこなうものではありません。
 
なぜなら、「500万円売りたい!」っていう目標を持つことそのものは大切ですが、だからといって、現実に500万円売れるかどうかとは別問題なのですから。
 
 
 
したがって、「この物件で500万円売るとしたら(期待する売上げ)家賃比率や坪月商の効率が良いかどうか」というのは、順番が違います。
 
正しくは、「物件に対して、家賃比率や坪月商の効率を考えたら、目標月商はいくらである必要がある(この家賃なら●●万円売らないとNG)」という考え方。
 
これが重要なのです。
 
そしてその上で、「いくら売りたい」という「期待」や「これくらい売れるだろう」という「予想」ではなく、ちゃんと客観的に調査・分析して、その物件がいくら売り上げられるのか「予測」をする必要があるのです。
 
 
 
例えば・・・・
 
 


この物件は面積20坪。家賃は40万円。
 
したがって、家賃比率を考えると、40万円×10=400万円の売上げが必要である。
 


 
というようなものです。
ここで、立地調査をおこない、売上予測をして、その結果が、
「500万円だから、家賃比率は8%であり、十分にペイできる」なのか、
「300万円だから、家賃比率が13%であり、やや厳しい」なのか、
そこから判断をくだすのです。
 
決して、この元記事にあるような、
「上記の表では家賃比率13%の月商3,000千円でも利益はしっかりと出ています。」
という文章を、「300万円売れる前提」と捉えないでください。
 
これは、「売上げが300万円でもやっていける」というシミュレーションに過ぎないのですから。
 
 
 
坪月商についても同様です。
 
月商が分からなければ、坪月商は分かりません。
 
元記事では、
「開業時には目安となる数値、坪月商15万円(150千円)を達成できる計画を立てましょう。」
とありますが・・・・
 
勿論、努力でカバーできる部分もあるので、そういう計画を考えること自体に意味が無いわけではないですが、僕から言わせてもらえば、
「坪月商15万円(150千円)を達成できる計画を立てる」のではなく、
「坪月商15万円(150千円)を達成できる物件で開業する」ということです。
 
 
 
情熱を持って、
「よーし、坪月商15万円売れれば利益が取れるんだ!!じゃあ、売るぞーー!!」
 
という気概を持つことと、冷静に、
「この物件は坪月商15万円売ることが頑張れば可能なのだろうか?」
と客観的に分析することは、違います。
 
 
 
 
実際のところ、物件によっては、
 
「頑張れば坪月商50万円も夢じゃない物件」もあれば、
 
「どんなに頑張っても坪月商10万円が関の山の物件」もあります。

 
 
とりわけ、「売上げは立地で8割決まる」と言われる飲食店では、そもそもの物件のポテンシャル次第で、努力の効果がどう出るかk待ってきてしまうのです。
 
 
この辺り、十分に吟味してから出店してくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する