責任や重圧は、苦しみとともに「負う」ものではなく、愛とともに「与えられる」もの

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


夕方のLAQUE
 
短くも長かった、京都でのお仕事がようやくひと段落つき、昨日出張から帰ってきました。
 
 
しんどかった・・・・!!
しんどかった・・・・!!

 
 
日曜から3日間、毎日8時間近く街を見て歩き、
ホテルに帰ってきたら、ほっと一息つく間もなく、分析と売上予測と・・・・!!
 
駐車場を有効利用しているファミリーマート
 
 
今回の主旨は、
 
京都の、四条烏丸の交差点を中心に、その半径500m~1kmを隈無く見て歩き、
 
「どこに出店したらどれくらいの売上げが出せるか」
 
という、出店戦略を立てるお仕事でした。
 
初日はクライアントも一緒に同行し、道中に空きテナントを見つけては、
「ここでいくら売れますか!?」
「ここはどうですか!?」

と質問攻め(笑)にあい、ひとつひとつ丁寧に立地を観察していきました。
 
 
四条通りや烏丸通りなどの大通りに出店すれば、そりゃ売れるのは分かりますよね。
でも、そういう場所はそもそも物件が出ないし、出ても家賃が鬼のように高い。
 
だから、もっと現実的に考えて、
「えっ!?こんな場所でもそんなに売れるんですか!?」
っていう掘り出し物の立地を見つけるのが、今回の目的でした。
 
 
街中で見つけた一角獣
 
 
いや~~~~~~~、しんどかったです!(笑)
 
物件が空いてるかどうかと、
その場所で売れるかどうかは別問題ですから。

 
空き物件があっても高い売上げは見込めそうになかったり、
盲点だった隠れ繁盛立地が見つかるも空き物件は無かったり・・・・
 
そればっかりは、僕にもコントロールできませんもん。
 
でも、そんな状態じゃクライアントも満足いかないですしね。
わざわざ東京から僕を呼んだ甲斐を感じてもらえないしょうし。
 
だからもー、必死でした・・・・
今は空き物件がなくても、今後もしかしたら空く可能性が高い場所は細かくチェックし・・・・
 
 
 
そんなことをやっていたら!
最終的に、昨日、素晴らしく良い立地に、素晴らしく良い物件を見つけることができました!!
 
よくまぁ、こんなところにこんな良い物件が残っていたな!と。
ここなら、かなり高い売上げが期待できるだろうと、
これまでの経験からも、分析からも、確信できる物件を見つけられたのです。
 
 
やっぱり、本気で探していれば、見つかるもんなんだなぁ。
そのクライアントも、ずっと京都の街に網を張ってて・・・・
おかげで、その物件が空き物件だということに気付けたのです。
 
執念と覚悟の勝利ですよ!
これは、本当に嬉しかったです。
 
 
物件を見つけたのは2日目なのですが、そのクライアントは行動力が凄まじく、次の日には早くも内見を実施。
他のエリアの調査を早めに切り上げても、その物件の調査と分析に注力してほしいと、2日目の夜のうちに連絡が来て・・・・
3日目は、大半はそうしてました。
 
 
そして、本来ならやらないんですが(時間や精度の問題があるため)、3日目の夕方には、売上予測の試算値を算出。
クライアントに電話で伝えると・・・・
 
その場で、出店が決まりました☆
 
さすが社長さん!
決断が早い・・・・!!!
 
 
 
「林原さんが売れる言うんですから出店しますわ!絶対ですね!?信じますからね!?」
 
とか言われ、プレッシャーで吐きそうでした(笑)
 
 
数百~数千万円の投資の判断を、僕の分析をもとに、してくれるわけですよ。
 
・・・・これは、本当に、ありがたい、大きな責任。
それだけの信頼をしていただけること、本当に、光栄なことです。
 
 
烏丸通り
 
 
会社員だった時代は、勿論真剣には取り組んでいましたけど、でもどこか、他人事ではあったかもしれません。
売上予測の数値に最終的な責任を持つのは、僕じゃなくて父でしたしね。
僕が予測を外そうが当てようが、立地判断を誤ろうが、僕自身に大きなリスクは無かったのですから。
 
それが今や・・・・
もし、僕が誤った判定をしてしまったなら、数千万円規模のお金がどぶに捨てられるわけです。
 
・・・・これは、重圧です。
 
 
 
これを、今まで、心のどこかで避けたい気持ちがあったように感じます。
無意識に、責任の大きく伴う仕事を避けていたんじゃないでしょうか。特に、去年までの自分は。
 
 
責任や重圧を、「負う」ものだと捉えていたからです。
 
読んで字のごとく、「負う」ってことは、そこにネガティブなエネルギーを感じてしまっていました。
 
 
けれども、きっと違うのだなと、今なら思います。
 
 
これは、「与えられる」もの、なんです。
 
クライアントの人生を左右するかもしれない機会に、関わるチャンスを「与えられた」っていうことなんだと。
 
こんなこと、誰にでも与えられるものじゃありません。
なんて、なんてありがたいチャンスをいただいているのか、自分は・・・・!!!
 
 
 
そう思えてくると、この吐きそうなほどのプレッシャー(笑)にも、感謝の気持ちが止まりません。
 
なんて幸運。
 
自分一人では決して辿り着けなかった、他の人にはおいそれと与えられることの滅多にない、素晴らしいチャンス。
 
本当に、ありがたいことです。
 
 
与えられたのなら、受け容れよう。
思いっきり、この機会を楽しんで使おうと、思えました。
 
 
なんて素晴らしい、面白い仕事をさせてもらっているのか・・・・!!!
 
 
 
そんなふうに、自分の仕事の面白さ、嬉しさ、重大さを、改めて再確認できた、しんどくも幸せな3日間でした。
 
 
さぁ、帰ってきてこれから、残りの候補物件の分析と、レポート作成!
(プロジェクト全体の分量的にはまだ半分くらい残ってるのです)
 
それから、もうすでにまた別件の立地調査案件もいくつか決まっており・・・・
6月もかなり予定カツカツです。
 
でも、それが楽しくて仕方ない!
もっともっと、調査も分析も、いっぱいしたいです!
 
そして、多分この願いは叶えられそうです(笑)
これからがさらに楽しみ!
 
 
 
与えられたことに感謝して、受け取って、楽しんでいこうと思います。
  
麺匠たか松のつけ麺
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する