地下や空中階に出店した場合、1階と比べてどれくらい売上げに違いがでるのか

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


物件を選ぶ時、多くの業態において、
 
「空中階より、できれば1階の路面店が良い」
 
ということは、当然のことかと思います。
 
勿論、業態によっては2階や地下の方が良い、という場合もありますが・・・・
それは家賃との兼ね合いの面が強いだけであり、
基本的に「立地」としては、1階であるに越したことはありません。
 
 
道路からそのまま入れた方が、多くのお客さんにとって都合がいいのは当たり前です。
階段やエレベータを使ってのアップダウンは、少なからぬ心理的負担をお客さんに与えますからね。
 
 
しかしながら、実際のところは・・・・
 
「路面店だと(広さの割に)家賃が高い」
「そもそも路面の物件がなかなか空いていない」

 
などといったことを理由に、空中階への出店を余儀なくされるケースが多く存在します。
 
これは、現実的なことを考えると、検討を避けては通れない問題です。
 
 
この時、
 
「では、お店が地下や空中階だった場合、
1階と比べてどれくらい売上げに違いがでるのか」

 
という疑問は、必ず気になるところでしょう。
 
 
 
階層の違いによる売上げの違いには、
 
●「お客さんの心理的な入店しやすさの違い」
 
→入店するために階段やエレベータを使うことの心理的負担
 
●「お店の見えやすさの違い」
 
→地下や空中の店舗は路面店と比べて間口が狭いことが多く、
店前の通行人から見つけられにくい
 
という2種類がありますが、今回は、前者に絞ってお話します。
 
 
2階に続く階段と1階の店舗

 
 
これまで、多くのデータや経験から分析したところ、
例えば、1階での入りやすさを「100」とした場合
 
2階なら「87」、
3階なら「61」、
4階なら「47」、

 
となることが分かりました。
 
また、
 
地下1階は「81」、
地下2階は「56」、

 
ほどになります。
 
 
これを、『階層別立地指数』といいます。
 
 
 
すなわち、1階と比べると、
2階では13%、
地下1階では19%
の人が、
来店しにくくなるということです。
 
 
このことから何が分かるかというと、
 
「2階や地下1階なら、来店者数が半減してしまうほど大きな影響は受けずに済む」
 
ということです。
 
2階なら売上げは13%ダウンで済む一方で、
もし家賃がそれ以上に下がるなら、
利益効率は2階の方が良い、と判断することができるでしょう。
 
 
 
ただし、気を付けなければならないのは、「階層別立地指数」は、お客さんに与える心理的な負担についてのみを指すということです。
 
往々にして地下や空中の物件は、1階に比べて視界性やお店への入りやすさが著しく悪化します。
このことこそが、売上げが低くなる大きな原因なのです。


 
「1階の店舗は広い間口が取れているのに、
その上の店舗は、幅1m程度の階段分しか間口が無い」

 
というケースを目にすることは、よくあるでしょう。
 
こうした場合、視界性の悪さの分だけ、
さらに売上げはダウンすることになるので、注意が必要です。
 
本来であれば13%ダウンで済むはずが、視界性の分がさらにマイナスされるわけです。
 
 
逆に言えば、1階と比べて視界性がほとんど見劣りしないようなら、
空中や地下の物件を検討する余地が大いに出てくるということです。
 
 
 
居酒屋やバー、クリニックなどはとりわけ、
地下や空中階の物件を検討することが多いかと思います。
 
そうした時は、この「階層別立地指数」を思い出し、
恐れず油断せず、冷静な判断をするようにしてください。
 
 
 
ちなみに・・・・
 
空中階に出店する場合、例えば具体的にどんな物件が狙い目でどんな物件は要注意なのかということについて、
以下の過去のブログ記事のケーススタディをご参照ください。
 
「2階への出店は要注意!それでも探すならこんな物件が狙い目!!」
http://takumaricchisalesup.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
 
「こういう空中階の物件はリスクが高い!出店する時は気をつけて!!」
http://takumaricchisalesup.blog.fc2.com/blog-entry-7.html
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する