目的来店客が多い店に、動線や視界性は関係ないか?

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


ファストフードやコンビニなど、誰でも気軽に入れるお店は、
 
「通りすがりの人が来店してくれるか」
 
が重要なポイントになります。
 
 
したがって、
お店が人々の動線上に位置していることや、
往来する歩行者から自然に見えることが、
集客に大きな影響を与えます。
 
これは、容易にイメージできると思います。
 
 
こうした、通りすがりの人がたまたま来店してくれることを
立地用語で「衝動来店」と言います。
 
 
一方で、ニーズや理由があってわざわざ特定のお店を目指して
お客さんが来店してくれることを、「目的来店」と呼びます。
 
 
目的来店のお客さんの比率が高い業態とは、例えば、
 
・美容院
・クリーニング店
・接骨・整骨院
・各種クリニック
・フィットネスクラブ
・ブランド買取ショップ

 
等々が挙げられます。
いわゆるサービス業店がとりわけ多いですね。
 
もちろん、飲食店や小売店の中にも、
提供しているサービスや商品によっては、
目的来店の比率が高い業態は多くあります。
 
 
 
こうした目的来店する人々は、通りすがりではなく、
お店のことをすでに知っていて、
 
ネットや地図でお店の場所を探しながら、
あるいは、
一度来たことがある道を思い出しながら、
お店に来ます。
 
地図を見るカップル
 
 
こういう場合、わざわざ探しながらやってきてくれるわけですから、
必ずしも、お店が生活の動線上にある必然性は無いように思われます。
 
実際、お店が非常に分かりにくい場所や辺鄙な地域にあったり、
看板がきわめて見つけにくい場所で営業しているお店でも、
集客がしっかりできているケースはいくらでもあります。
 
「立地は悪いけれども、たいへん繁盛している」
とは、よく聞くセリフですね。
 
 
こうしたケースが少なからずあるため、
(というより、こうしたケースこそわざわざ取り沙汰されるため)
 
目的来店の比率が高い業態は、
立地、とりわけ動線や視界性を無視していいように思われがちです。
 
 
 
しかし、それは大きな誤解です。
 
 
 
「無視して良い」のではなく、
 
「立地の影響が分かりにくくなる」だけなのです。

 
 
なぜならば、お店をわざわざ探す場合でも、通常は、
何か目印になるものを覚えておき、それを探すものだからです。
 
そしてその目印が、
ちゃんと動線上にあるかどうか、
見つけやすいかどうか
で、
集客の効率は大きく変わります。
 
 
例えば、お店自体が動線から外れていたとしても、
「大通りのあのコンビニの角を曲がったところ」
というように、一言で簡単できれば、
それだけお客さんにとって行きやすく感じられます。
 
これが、目印が何もなく、スマートフォンで地図を表示して、
それとずっとにらめっこしないと辿り着けない場所になると・・・・
 
一度は来店してくれたとしても、相当お店の質が高くない限り、
 
「分かりにくくて行きにくいからもう次からは行かない」
 
と思われ、リピートに繋がらなくなってしまいます。
 
 
浜松町駅の掲示地図
 
 
こうしたことを考えると、目的来店をする人を集客する場合でも、
お店の「場所の分かりやすさ」や「見つけやすさ」は重要なのです。
 
 
「衝動来店」する人をメインターゲットとしたお店と比べれば、
必ずしもお店自体が動線上に無いといけないわけではありませんし、
看板が多少見つけにくくても、探せば見つかるようならば、
そこまで大きなマイナス影響は無いでしょう。
 
しかし、せめて目印となるものが動線上にあることや、
もしくは動線上から探せば見つけられること
こうしたことをしっかり配慮する必要は、大いにあります。
 
 
 
先述の、目的来店の比率が高い業態のオーナー・経営者さんは、
わざわざお店を探してきてくれる人々を普段から相手にしているため、
ややもすると立地を軽視しがちになります。
(ひどいと、「立地は関係ない!」と言い切る方もいるほど)
 
 
しかし、間違えていただきたくないのですが、
立地の影響がない(小さい)と言われるのは、
あくまで、
 
「衝動来店比率の高い業態と比べれば」、
 
というだけだということなのです。
 
ショップビジネスである以上、立地の影響を受けないことは有り得ません。
 
 
 
もし、今現在、自店が立地の悪いとこにあって、
それでもサービスが良くて繁盛しているとしても・・・・
 
では、同等のサービスを提供するお店が、自店より良い立地に出店したら、
いったいどうなるでしょうか?
 
2つのお店で、同じ商品が売っているなら・・・・
 
ほとんどの人が、「立地が良い=便利な場所」を選ぶのは、自明の理です。
 
 
 
こうしたことを踏まえ、目的来店の業態においても、
しっかり動線や視界性、すなわち立地を、考えていただければと思います。
 
 
 
なお、
「じゃあ目的来店の場合はどんな立地が繁盛するのか?」
ということについては、より具体的に別の記事で述べていますので、
そちらも併せてお読みいただければと思います。
 
お店の場所を3つのキーワードで説明できる「分かりやすさ」が最大のカギ!!~「わざわざ来店」のお客さんの掴み方~ 
http://takumaricchisalesup.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
 
 
夜のランドマークタワー
 
 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する