お客さん紹介してあげるから紹介料よこせ??

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


人を人に紹介し、その紹介料という形で稼ぐ。
 
そういうビジネスは、あっていいと思いますし、
まぁ、ある意味まっとうではありますよね。
 
でも、僕は、好きじゃない。むしろ、とても嫌いです。
 
 
それは勿論、素敵なご縁を繋いでいただいた時に、
感謝の気持ちとして、こちらから自発的に紹介料を支払うことはあります。
 
そういうのは、当然の話です。
 
 
が、しかし、時々、勘違い野郎がいらっしゃるわけですね。
 
「どうせ集客困ってるんでしょ?
お客さん紹介してほしいんでしょ?
良いビジネスになりそうな人繋いであげるから、
仕事になったら何割か紹介料くださいよ」

 
みたいなことを・・・・言ってくるのです。
 
 
昔は、とにかく人脈増やさなくちゃとか、的外れなことを考えていましたから、
気持ち的には嫌でも、そういう話を受け容れてしまっていましたが・・・・
 
今はもう、
ハッキリとお断りするようにしています。
 
 
そうやって、僕に顧客を紹介しようとか思って寄ってくる人たちって、
だいたいの場合、大きな誤解があるんですよ。
 
 
僕に対して、
「きっと集客に困ってるに違いない」
と思っているのです。
 
そう思い込んで、上から目線的にモノを言ってくる人たちが多いです。 
 
 
 
 
なので最近は、
 
「あぁ、紹介してもらわなくちゃならないほど、お客さんに困っていないんで結構です」
 
って突っぱねて差し上げるのが、ちょっと快感です(笑)
 
 
 
実際、そうなのです。
 
この4~5ヶ月、むしろ思ったよりいっぱい仕事が入ってきてしまって、
これ以上、無理して増やさないように調節していってるくらいです。
 
ヒアリングの上で、緊急性が高いお仕事は引き受けますが、
そうでない、様子見の方のお仕事は、なるべくお断りしています。
 
新規も順調に増えていっていますし、
リピーター(というかお得意様)もいてくださいますから、
わざわざ、どこの馬の骨かも分からない人に紹介してもらう必要なんか、無いのです。
 
 
 
あと、もうひとつ勘違いされているのは・・・・
 
僕の仕事、「競合がいない」んですよ。
 
「お店の立地」を専門にコンサルティングできるのなんて、
僕と、僕の父の会社(ソルブ)くらいですから。
 
ちゃんと情報発信さえ続けていて、必要な人に届きさえすれば、
他にできる人がどこ探してもいないので、結局うちのお客さんになるんです。
 
むしろ、協業におけるパワーバランスで言えば、
「唯一無二の強力コンテンツ」を持ってるのは、僕の方なんですよね。
 
 
 
それを、何を思い上がってるんだか知らないですけど、
特にエセコンサルの方々は、
 
「一緒に協業しましょうよ!!」
 
みたいなノリですり寄ってきて、フタを開けてみれば、
何もできないくせに、「紹介ビジネス」だけで儲けようという感じの魂胆。
 
バカなんじゃないかなーと、思ってしまいます。
 
 
 
なので、今、一切、そういうのはお断りしています。
 
むしろ、
 
「あなたのお客さんが立地について困っていて、
あなたがそれを助けてあげることができないんだったら、
僕のことを紹介してくれてもいいですよ。
僕があなたの代わりにあなたのクライアントを、
助けてあげてもいいですよ」

 
みたいなことを言わせていただいています。
まぁ勿論、そこまで感じ悪い言い方はしませんけどね。
 
 
 
だって、そのエセコンサルは、
自分のクライアントに、自力で応えるチカラが無いってことなんですよ。
だから、お店の立地について、僕のチカラを借りざるを得ないんでしょう。
 
そこまでは、いいんです。
そのための、僕の専門技術なんですから。
 
それならせめて、
「林原さん、私のクライアントのために力を貸してください」
って、むしろもっと謙虚に来るべきでしょう。
 
 
それをどうして、クライアントからも金取るくせに、
紹介料とかいう名目で、僕からも金取ろうとしてんだか。
 
こういうところで、そのコンサルのエセ度合いが測れるっていうもんです。
 
 
 
 
最近、交流会とか行っても、そういうレベルの人ばっかりだから、
めっきり行かなくなってしまいました。
 
助けてほしいなら、僕の力が必要なら、助けますよ、そりゃ。
ビジネスですから有償ではありますけれど。
 
でも、僕自身は別に、今はもう困っていないです。
 
ので、僕が困っているであろうことを前提に、
僕をお客さんとして見るような人とのお付き合いは、
正直、時間の無駄なので、もうしてません。
 
 
ちなみに、最近お会いして面白かったのは、
とあるカフェコンサルの人くらいですね。
その方は・・・・
ビジネス的側面は当然ですが、そもそも、仕事を面白がってやっている感があって、
その仕事へのマニアぶりが素晴らしいので、話していてとても楽しいのです。
 
その人となら、料金なんか発生しなくても立地の話はいくらでもします。
こっちも、面白い話を聞かせてもらえますしね。
 
だからほんと、その人くらいです。
 
 
 
強がりでも負け惜しみでもなんでもなく、今は本当に、
ビジネスにおいては何も困っていないのです。
困ったとしても、すでに素晴らしい友人たちの繋がりがあるので、
ほぼ何でもそのネットワークだけで解決できますし。
 
ですので、言い方はアレですけど、僕が交流会に参加するような時っていうのは、
 
「僕という存在、この仕事のことを、必要としている人に情報として届けてあげたい」
 
っていう気持ちからです。
僕なら解決してあげられる悩みを、
僕と出逢わなかったばかりに解決できないでいる人がいたら、
それは可哀想だなぁと思うから。
 
 
 
うーん、なんかそんなことを書いていたら、
自分が性格悪い人に感じられてきました(笑)
 
でも、ほんとに、そうなのです。
 
僕は、僕を必要としている人のためには全力を尽くします。
 
でも、そうでない人たちのことは(ビジネス上は)どうでもいいです。
 
 
みたいなことを、表明しておきたくなった今日この頃です。
 
 
毎日暑いですね、最近。
実査をするのも一苦労です。
 
これを読んでくれているあなたも、体調には十分お気を付けくださいませ。
 
ザ・夜景

□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する