お店にとって最適な内装を作るための3つのポイント

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


今回は、お店の「立地」とは少し違う、「中身」に近いことについてです。
 
お店にとって最適な内装を作るためのポイントについて、
書いていきたいと思います。
 
店内

 
とりわけ飲食店では、客席やテーブルを配置しなければなりませんから、
お店の雰囲気をデザインするための内装はもちろんのこと、
効率的に営業できる内装設計が、きわめて重要になってきます。
 
 
そうしたことを考えるにあたって、
ポイントは3つです。
 
 
1.なるべく正方形に近い物件を選ぶ
 
お店の入口間口の広さに対して、奥行きが、
その何倍もあるような形をした物件を、俗に、
 
「うなぎの寝床」
 
と呼びます。
奥に向かって細長い形状が、まさにぴったりな呼び名ですね。
 
極端な例では、間口が2mしかないのに、
奥行きだけは30m近くあるという場合もあります。
 
これでは、たとえ面積が20坪近くあったとしても、
(2×30÷3.3=約20)
使い勝手の悪い物件と言わざるを得ません。
 
 
一般的には、どのような業種業態においても、
正方形に近い空間が確保されていることが望ましいものです。
 
店舗の内装を設計する際、オペレーションの効率を良くするためには、
なるべく正方形に近い形の物件を選んだ方が、
どんな設計をするにしても融通がききやすいのですから。
 
 
 
2.自由席の比率を増やす
 
また、とりわけ飲食店など、お客さんが座る席やテーブルを設ける必要がある業態の場合、
注意しなければならないことのひとつに、
 
「固定席と自由席の比率」
 
があります。
固定席は、カウンターを含む、床に固定しておく席です。
一方で自由席は、自由に移動可能な席のことです。
 
 
これについては、初めてお店を出すような場合には、
なるべく自由席の比率を多くしておくべきです。
 
そして開店後に、何人で来るお客さんが多いのか、
統計を取って調べてみましょう。
 
1人で来る人、
2人で来る人、
3人以上で来る人・・・・
 
それらの比率を調べて、それに合わせて徐々に、
固定席と自由席の数であったり、
2人用テーブルと4人用テーブルの数であったり、
そうしたものを変えて調整していくのです。
 
そうすることによって、面積・形に最適な客席状態を作ることができます。
 
 
 
3.「左回りの心理」を活用する
 
店内が狭い場合など、適用できない場合もあるのですが、
ある程度広い空間を確保できている場合には、
 
「左回りの心理」
 
に配慮することも大切です。
これは、
 
「人は向かって左側にあるものに対しては安心感を抱くが、
右側にあるものに対しては警戒心を抱く」

 
という心理法則です。
 
そのため、お店に入った時も、左手側にあるものに対しては、
安心して眺めることができます。
 
また、客席に案内される時も、左側に商品や客席が見えて、
左回りに歩くように順路ができていれば安心しやすく、
逆に、右回りに歩くような構造だと、不安を抱いてしまうのです。
 
これは、すぐにはピンとこない人もいるかもしれませんが、
実際に認知心理学などの世界で多く観察され、
大手FRチェーンをはじめ、この心理法則を取り入れている企業は、
実はとても多く存在しています。
 
例えば、こうした記事があります。
「操られていた!?ディズニーランド右回りと左回りの秘密」
http://www.disney-family.net/zatsugaku/hidarimawari/
 
興味がある方は、ぜひもっと調べてみてくださいね。
 
 
 
店舗の内装を設計する時は、雰囲気やイメージも大切ですが、
ぜひこれら3つのポイントを踏まえて、
最適な状態の内装にできるよう、心がけてみてください。
 
 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する