同業店があるおかげで売上げがアップ!?

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


ショップビジネスを営む人にとって、「同業店」「競合店」というのは、
気にかかる心配事のひとつであったり、
人によっては、常に頭を悩ませる難題であったりします。
 
 
同業店というのは、一般的には、
 
「同業店ができると、その影響を受けて、
自店の売上げが減少する」

 
と考えられています。
 
 
確かにそうした事例は多いため、
「同業店=競合店」
というように考えるのは、自然なことかもしれませんね。
 
 
しかし、実際のところ、同業店の影響とは、
 
決して、マイナスに働くことばかりではないのです。
 
つまり、
 
「同業店ができたおかげで、その影響を受けて、
自店の売上げが増加した」

 
という事例も、数多くあるのです。
 

 
こういう事例をも鑑みると、では、同業店の存在は、
マイナスとプラス、どちらに働くのが大きいのか、
気になりますよね。
 
 
 
もし、限定された同じパイ(市場)の中で見るなら、
同業店ができることによってそのパイの取り合いになるので、
自店の売上げに大きなマイナスに働くでしょう。
 
しかしながら、同業店は、「パイを広げる役割」も果たすのです。
 
 
互いに近い場所に2店舗、3店舗とお店があった方が、
1店舗しかないよりも、お客さんを呼び寄せる効果が高まります。

 
単純に考えても、2倍、3倍の視界性があり、
2倍、3倍の品揃えがあり、
品切れのリスクは2分の1、3分の1になるからです。 
 
 
 
(例:牛繁・牛角・安安と、焼肉店が3店舗もかたまっている) 
左から牛繁・牛角・安安

 
こうして同業店が増えると、一般的にはこのように、
「市場拡大」という現象が起きると考えられています。
 
 
「市場拡大」には大きく分けて以下の3つのタイプがあります。
 
 
■商圏拡大
■客層拡大
■頻度増

 
の3つです。
 
 
 
例えば、昔から、
「電器店なら秋葉原、古書店なら神田」
と言われます。
 
これも、同業店が多数出店していることによって、
そこに1店舗しかなかった時よりもはるかに大きな
流入が生まれてくることの結果と言えるでしょう。
 
 
例えば、ラーメン店だとしたら、
東京駅のラーメンストリートや京都駅の拉麺小路、
池袋や高田馬場などにも、激戦区と呼ばれるエリアがあり、
周辺エリアのみならず広域から人々がやってくるようになっています。
 
普通、通行人をターゲットにしたラーメン店の商圏は、
おおむね半径500m圏内ですが・・・・
 
2km、5kmと言わず、さらにもっと広いエリアから、
多くのお客さんが来店してきていることでしょう。
(商圏拡大)
 
 
さらには、1店舗だけだと、そのお店がターゲットにしている
お客さんしか訪れないかもしれません。
 
しかし、複数のお店があれば、それぞれ少しずつ、
ターゲットが違ってきますよね。
すると、A店は自店のターゲットのみならず、
近くにある同業B店のターゲットにもアプローチできることになります。
 
ラーメン店だって、普通に出店していたら、
場所にもよりますが、基本的には周辺住民の日常食でしょう。
 
しかし、前述の激戦区のようになれば、
わざわざ「観光客」などが訪れることも有り得ます。
(客層拡大)
 
 
また、自店しか無かった時には、その場所に、
月に5回程度しか行かなかったかもしれません。
 
それが、同業店ができる(2店舗に増える)ことによって、
お客さんから見れば選択肢が増えるため、
その場所に行く機会自体が7~8回に増えたりもするのです。
(頻度増)
 
この時、同業店と自店の営業力が同列であれば、
お客さんはその2店舗に4回ずつ行くでしょう。
しかし、もし自店の方が営業力が高ければ・・・・
自店に6回、同業店に2回かもしれません。
 
すると、ほら、1店舗の時は来店が5回だったのに、
同業店ができたら、6回に増えますね。

 
 
これが、同業店のおかげで売上げがプラスになる理由です。
 
 
 
このようにして、同業店の影響は、
プラスにも働くものなのです。
 
では、その割合はマイナス影響と比べてどちらが大きいのか・・・・
 
それは、
「同業店をいかに利用するか」
ということによります。
 
このことについては、また別の記事でお話したいと思います。



□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する