静岡で発見!ある意味で傑作の素晴らしい「看板」!?

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


先日、静岡に実査に行った時、
街中で面白い光景を見つけました。
 
パッと見た時に「面白いなぁ!」と思い、
 
よくよく見て、「これは素晴らしい!」と感心しました。
 
 
 
 
それはどんな光景かといいますと・・・・
 
下の写真のように、お店の前に、
「お店のイメージにカラーリングした車」
が止まっているのを見つけたのです。
 
静岡駅の北口エリアにある、カラオケ店「ジャンカラ」です。
 
車が「看板」になっている
 
まぁこれも、広い意味で言ったら、「看板」ではありますよねぇ。
随分、大型ですけれども(笑)
 
そして、これを見て最初は、面白いなと思うと同時に、

「こういうイロモノ看板も悪くないけど、
車が物理的に邪魔、って方が大きいんじゃないのかなぁ」


なんていう感想が出てきました。
 
目立つことは確かに目立ちますけど、
どれだけ目立っても、看板自体が大きすぎて、
お店の前を塞いじゃってお客さんが入れなかったら、
意味ないですもんね。
 
 
そう思いながら、よくよく見てみると・・・・
 
1階は無料案内所
 
なんと、この物件、1階は「無料案内所」!!
(要するに風俗系ですね)
 
しかも、その無料案内所、
このカラオケ店「ジャンカラ」と、
看板の色の傾向が似ています(赤・白・黄色など)
 
 
これに気付いてしまったら、
 
「これは素晴らしい工夫だ!」
 
と、驚いてしまいました。
 
 
このカラオケ店は、チェーンである以上、
看板の色のイメージとかはなかなか変えられないわけですよ。
 
なので、
もしジャンカラがここに普通に出店して、
普通の置き看板しか設置していなかったら・・・・

 
1階の無料案内所と、
景色の中で融合して見えてしまっていたかもしれない
のです。

無料案内所も、この色の看板は結構目立ちますものね。
同じ配色の看板でこれに対抗するには、
ちょっとやそっとじゃ難しいでしょう。
 
 
そうであるならば、と・・・・
 
なんと、どどーんと、車を置いてしまう!
車を看板がわりに使ってしまうとは!!!
 
恐れ入りました。
 
ここまですると、存在感や視界性で、
ジャンカラは無料案内所に、完全に勝ってますよね。
 
というより、無料案内所がほぼ見えない状態になってしまっています。
 
 
ジャンカラは2階で、1階には狭い階段間口しかありませんが、
こうしてカラーリングした車を置くことで、車の幅の分、まるで、
「1階にあるお店」
のようになっているわけです!
 
これは、すごい工夫ですね。
 
 
 
まぁ、もちろん、他の場合でも、いつでもどこでも、
これと同じことができるかって言ったら、難しいでしょうけど・・・・
 
でも、これはなんといっても、発想が素晴らしいです。
看板についてはこれくらい、考えを巡らせてほしいということ
です。
 
 
 
 
それにしても、この状況、無料案内所の方から文句とか出ないのでしょうか・・・・
 
まぁ、ビルのオーナー側から、
ここに駐車する許可をもらえていれば、一応問題はない・・・・のでしょうかね?
 
そこらへんが、少し気になります。
 
もしかしたら考え方によっては、無料案内所のお客さんにとっても、
店前にこうして大きな車があることで、
「入店するところを周りに見られないで済む」
というようなメリットがあるのかも??しれません。
 
実際のところは、分かりませんけれどもね。
 
車が「看板」になっている②
 
それにしても、聞いた話によると、
この車、買おうとしたら、
8,000万円くらいするそうですね・・・・!!
 
そんな車を、こうしてカラーリングして、
「看板」として使ってしまうとは!!!
 
色んな意味で、「すごい」ですね、本当に。
 
 
 

□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する