「学生」をメインターゲットとする時に見落としてはならない事

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


新しく出店するお店の業態を考える時、

「ターゲット」

を決めることは、非常に大切です。
 
サラリーマンなのか、
主婦なのか、
購買客なのか、
観光の外国人なのか・・・・
 
どんな人にお店に来てほしいかによって、
例えば同じ「居酒屋」だとしても、メニューや内装を含め、
大きくコンセプトが異なってきますよね。
 
 
この「ターゲット」を決める際、大きく分けて、
 
先に出店エリアを決めてから、
その商圏に最も多い層をターゲットにするやり方

 

 
先にターゲットを決めてから、
その層が多くいるエリアに出店するやり方

 
とがあります。
 
どちらにしろ、「ターゲットを決める」というプロセスは、
出店に際してきわめて大切なことです。
 
 
どんなターゲットを選ぶかは、
当然、お店を経営する人の自由です。
 
ご自身がショップビジネスをやっていく上で、
心から「おもてなし」をしたいと思えるのはどんな人々か、

しっかりお考えいただき、決めていただければと思います。
 
 
しかしながら・・・・
 
どんなターゲットを狙っても同じだけの高い売上げを出せるかと言うと、
それは、そうともいかない場合が多いのが現実です。

 
お金を持っている層、持っていない層、
お金を出しやすい層、財布の紐が堅い層、
というようなものがあります。
 
 
そのため、「高い売上げ」を目指したいならば、

気を付けなければいけない「ターゲット」

というものが、いくつかあることは、事実なのです。
 
 
 
 
今回はその中から、特に、
 
「学生」
 
について、気を付けるべきポイントを、
いくつかピックアップしたいと思います。
 
 
学生狙いの商売って・・・・
本当に、本当に難しいのです。
 
「学生をターゲットにしよう」
「学生に来てもらいたい」
 
そういう狙いで出店したお店が、
どれほど失敗してきたことか・・・・
 
 
 
勿論、決して、
「学生をターゲットにしてはならない」
ということではありません。
 
以下に挙げるような理由で、
「とりわけ注意しなければならない」
というだけのことです。
 
その点を押さえて、
もしも学生を狙うなら、
気をつけて出店していただきたいと思います。
 
 
とある大学の門
 
 
まず前提として、学生が多い街の性質を、
 
「学生性向」
 
と呼びます。
 
これは、大学や高校、付属の研究機関がある地域によく見られます。
 
 
学生をターゲットにする時、まず念頭に置いておくべきなのは、
 
「学生は行動に強い制約がある」
 
ということです。
 
 
その理由として、
 
●通学という目的のため、駅やバス停から学校までの最短距離を歩く傾向にある
 
●原則として授業がある時以外の、土日や大型連休には通学して来ない
 
●すでに就業している人々と比べてお金をあまり持っていない

 
などということが挙げられます。
 
 
 
すなわち、
買い物や外食などでお金を使う機会も少なければ、
使う時に出費できる金額も少ない
のです。
 
勿論例外はありますが、基本的に学生がこういう性質であることは、
感覚的にも、多くの人にとって疑いようがないことでしょう。
 
 
大手ファストフード店といえども、
学生相手だけでは繁盛店には成り得なかった・・・・
という事例が数多くあります。
 
このことが、いかに学生相手の商売が難しいことかを物語っています。
 
勿論、
平日ランチタイムなどのピーク時には、
一時的に大きな売上げが生まれます。

 
しかし一方で、
夜間の時間帯や土日、夏休みなどには、
ほとんどお客さんが来ない、

なんていうことがあるのです。
 
普通の日は、ランチタイムになると、
学生が沢山押し掛けて繁盛するようなお店でも、
長期休みには閑古鳥が鳴き・・・・
 
ひどいと、月商は半分以下にまで落ちることもあります。
 
いかに学生たちを集客できているように見えても、
年間を通して見ると、売上げが落ちる期間の、
そのマイナスをカバーしきれないことも多々あるのです。

 
 
 
 
こうしたことが原因で、学生ばかりがどれだけ大勢いたとしても、
それだけで商売が成り立つかというと、
きわめて難しいということです。
 
 
 
勿論、どんな商売でも無理、ということではありません。
 
学生にだって、限定的にではありますが、需要があります。
その需要をしっかり押さえることができれば、
絶対に営業が成り立たないなんてことはないでしょう。
 
 
しかし、上に挙げたような学生の基本性質は、
非常に要注意しなければならないことです。
 
例えば、
 
「ランチタイムの営業だけで十分な売上げを出せるビジネスモデル」
  
を作ったり、
 
「地域の学生のほとんどが集中するTGに出店する」
 
という立地戦略を出したりなど、
きわめて慎重に考える必要があるということです。
 
 
学生を狙う場合は、こうしたところを、しっかり考えてみてください。
 
 
また別の機会に、
そんな「学生をターゲットにする業態」でも、
比較的繁盛しやすいエリアの見つけ方

についても、ご紹介します。
 
 
 
ちなみに。
 
「学生性向」を含めて、商圏の質を知るための手掛かりとして、
「通行人の質を計測する」という方法があります。
 
以前にそのことについて紹介した記事も、
あわせてどうぞ。
 
 
どうしても「通行量・交通量」を測るなら、押さえておくべき3つのポイント
 
 



□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する