「予備校」「専門学校」の多いエリアがとても有望である2つの理由

□■□■□■□■□■□■□■□■

年間で500件以上のお店を調査する『日本一の繁盛店分析マニア』が綴る、物件探しから販売促進・チェーン展開に至るまで、出店戦略ノウハウの極意!

□■□■□■□■□■□■□■□■


以前の記事で、「学生性向」のエリアに出店する際の
注意点についてお話しました。
 
「学生」をメインターゲットとする時に見落としてはならない事
 
学生「だけ」にあまりにもフォーカスし過ぎると、
基本的に厳しいという話でした。
 
 
 
そこで今回は、ターゲットに「学生」を選ぶなら、
こういう場所が有望!という切り口について書こうと思います。
 
 
前回記事でも書いたように、学生はそもそも、
 
学校に通うという目的性がきわめて強く、
 
また、
 
手持ちのお金が少ないので購買意欲も少ない、
 
という人々です。
 
ですから、学生が多く集まる大学や高校があったからといって、
すぐにそれらが、PCやTGとして捉えられるかと言うと、
その判断は難しいところなのです。
 
ただ学生が集まっているだけでは、繁盛するエリアとは言えません。
 
 
 
ただし、同じように「学生が集まる」といっても、
「予備校」は、大学とは学生の集まり方が異なります。
 
大きな「予備校」がある、
もしくは「予備校」が複数集まるエリアは、
大学や高校などが集まるエリアよりも、
お店を繁盛させるにはとても有望なエリアなのです。
 
 
ここで言う「予備校」には、
受験などのための塾は勿論ですが、学校法人以外の専門スクールも含みます。
学校以外で別のところに通う「学生」という意味合いです。
 

予備校や専門学校

 
どんなふうに有望かというと、
その理由は大きく以下の2つにまとめられます。
 
 
1.季節や土日に関係なく人が集まる 
 
大学は、主に春・夏・冬には長期の休みがあります。
したがって、その季節には、お店側から見れば、
お客さんが極端に減ってしまうことになります。
 
しかしながら、こういった時期でも、予備校は営業しています。
それどころかむしろ、「夏期講習」などがあるために、
学生の流入は逆にこういった時期こそ増えるのです。
 
また同様に、土日祝日には大学は基本的に休みですが、
予備校にはひっきりなしに学生たちが通ってきます。
 
加えて、これは余談ですが・・・・
 
大学の講義ともなるとサボる人も多いイメージですが、
予備校は、大学以上に、「わざわざ」通っている人が多いため、
出席率は比較的高いものだと推測できますよね。
 
 
 
2.予備校生は「遊び」に飢えている
 
予備校は、大学と違って、サークルや同好会といった、
いわゆる遊び要素がほとんどありません。
 
そのため予備校の近くには、勉強と同じくらい、
遊びのニーズがあるのです。
 
したがって、
カラオケやゲームセンター、
あるいはCDレンタルやコンビニ、ファストフードなどは、
手軽な時間潰しや気分転換を必要とする学生たちにとって、
うってつけの存在なのです。
 
大学の講義よりも何倍もエネルギーを勉強に使っている彼らは、
いつでも有効な息抜きの方法を探しています。

 
そのため、上記のような業態や、落ち着ける雰囲気の良いカフェなどは、
予備校の多いエリアで繁盛しやすい傾向にあります。
 
(ただし、「珈琲1杯で何時間も居座る」というような
利用のされ方では、とても非効率的なので・・・・
営業内容については、吟味する必要があります)
 
 
 
 
こうしたことが理由となり、
予備校に期待できるポテンシャルは、
同規模の大学よりも数段大きいものとなり得る
のです。
 
お店のターゲットが「学生」であるからといって、
「大学や高校」などの多い、学生性向の高いエリアに出すべきかというと、
(勿論それが必ずしも悪いというわけではありませんが)
こうして「予備校」のあるエリアを狙った方が、
より学生たちに喜んで利用してもらいやすい、ということです。
 
 
 
お店のターゲットを考える時、それは単純に、
人々の年齢や職業などの属性からだけでは、こうしたことを見落とします。
 
ただの「学生」という括りにするのではなく、
 
「どんな学生なのか」
 
ということまで、もっと掘り下げて考えてみましょう。
 
学生といっても、どんな場所で、どんなことをしている状態なのか・・・・
によって、お店のお客さんとしての質は、大きく変わってくるのです。
 
 
それはすなわち、
お客さんの来店の「動機」を考えるということです。
 
「ターゲット」について考える時は、
このことも、忘れないようにしてください。
 
なお、「お客さんの動機」について詳しくは、
こちらの記事にも、書いてあります。
 
お客さんは「なぜ」あなたのお店を選んでくれるのか、その「動機」と向き合いましょう
 
 
 
 
□■□■□■□■□■□■□■□■

<Facebookページ開設しました!「いいね」クリックをお願いします!>
売れるお店をどんどん増やしたい人のための立地判定・商圏分析・売上予測
https://www.facebook.com/sorbics/
↑上のリンクをクリックして、ページに「いいね」をお願いします。
立地や売上予測に関するお得情報を発信しています。


<もっと立地を勉強したい方へ!>

☆立地と売上予測の無料ノウハウメルマガ☆
『ソルブ通信』 (有限会社ソルブ発行)
こちらから登録できます。
http://form.sorb.co.jp/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rbdZriPid2kUu5EjZzb
毎週火曜・木曜の2回発行!お役立ちノウハウやツール情報満載です!


あなたの商売を助ける「立地選び」のヒント
林原安徳著
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
「最新版これが『繁盛立地』だ!」
Amazonで購入できます!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4495558528/sorb-22/


<パートナー企業>

立地判定と売上予測のパイオニア
有限会社ソルブ
http://www.sorb.co.jp/
全国のショップビジネス経営者の立地判定・売上予測・出店戦略をサポート。
商圏分析ソフトの販売も行っております。
SORBロゴマーク
林原琢磨はソルブの立地調査・売上予測エージェントとしても活動しています。


法人の方や2店舗目以降のご相談はソルブ、
個人の方の「はじめての開業」のご相談は林原琢磨へ、
それぞれお問い合わせください。


☆林原琢磨へお問い合わせはこちら☆


※申し訳ございません。
現在、ブログからのクライアント募集は締め切らせていただいております。
Facebookなどで繋がっており、私の人となりを知っていただいている方を優先させていただいておりますので、ご承知おきください。

お急ぎのご相談は、ソルブまでお問い合わせいただければと思います。

それ以外の方は、よろしければFacebookにて友人申請をいただけると嬉しいです。
↓↓↓↓


林原琢磨Facebook個人ページ

2017春~夏FBプロフ写真

https://www.facebook.com/takuma.hayashihara


「林原琢磨ってどんな人物なのだろうか」
「本当にこの人間に仕事を依頼していいものだろうか」
「ちゃんと信頼できるのだろうか」

そうしたご不安は、当然あるかと思います。
出店は、個人でも法人でも、一大プロジェクトなのですから。

ただ、だからこそ、少しでも興味を持っていただけたなら、
どうぞFacebookで繋がってください。
もちろん、基本的に問い合わせられない限り、
こちらから営業をかけることは一切ありません。

私は、Facebookに、
立地のノウハウも、
愛する人のことも、
プライベートな日常も、
マイナスの面でさえも、
あるがままをさらしております。

それをご覧いただき、お見定めください。

そして、「信じられる」と思っていただいた方だけ、
直接ご連絡いただければと思います。


ビジネスには、「お互いの」信頼が、とても大切です。

そしてそれは、「ビジネスライクなお付き合い」をしていても、
芽生えるものではないと、私は考えています。

少なくとも私がしていきたいビジネスの形は、
そういったものではありません。


仕事をするビジネス面での人間である前に、
誰もが、ひとりの人格ある人間です。

ですから、まず、人として繋がり合い、
「この人に仕事をお願いしたい」と思っていただき、
「この人からの仕事をお受けしたい」と私自身も思えること。

そういう、お客さんとの関係性の中で、
私は、こうして私の立地コンサルティングのノウハウを、
その人のために、活かしていきたいと考えています。

ご理解いただければ幸いです。


□■□■□■□■□■□■□■□■


小売・飲食業 ブログランキングへ


にほんブログ村


Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する